SF 映画史上最高傑作として、公開後35 年にわたり語り継がれる『ブレードランナー』(82)。その続編となる『ブレードランナー 2049』(数字読み方:ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)が10 月27 日(金)公開となる。SF 映画史上最高傑作として、公開後35 年にわたり語り継がれる『ブレードランナー』(82)。その続編となる『ブレードランナー 2049』(数字読み方:ニー・ゼロ・ヨン・キュウ)が、ついに10 月27 日(金)日本公開となる。一足早く公開となった全米では初登場1 位を獲得!世界中の評論家からは絶賛の嵐となっており、早くも「前作超え」「アカデミー賞最有力」との声も上がっている。この度、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が来日。TOHO シネマズ 六本木にてジャパンプレミアが実施された。『ブレードランナー』のデッカードとして35年ぶりの来日を果たしたハリソン・フォードを一目見ようと、会場には約500人のファン、約80名のマスコミが詰め掛けた。イベントのオープニングは、最新鋭のLED やレーザーを駆使し、極彩色のライトを使った踊りや演出を行うプロジェクト「かぐづち -KAGUZUCHI-」のパフォーマンスから開始!会場を『ブレードランナー』の世界観に染め上げる演出に、会場はますます熱気を帯びた。そして満席となった会場にハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が登場!ファンのボルテージは一気にヒートアップ!会場の通路から登場するというサプライズに、万雷の拍手と悲鳴に近い大歓声があがった。ハリソンは客席のファンと握手やサイン行い、アナとシルヴィアはファンとの写真撮影を行うなど、にこやかに歓声に応えた。まずヴィルヌーヴ監督が「アリガト!」と日本語での挨拶を行うと、続けて9年ぶりとなる記念すべき10度目の来日を果たしたハリソンは「本作に出演できたことを誇りに思っている。第一作目の時、日本のファンの反応はすごく良かった。

『ブレードランナー 2049』もみんなと一緒に楽しみたい」と挨拶。再び大歓声が贈られると、日本のファンからの熱い歓迎に感動した様子を見せた。初来日を果たしたシルヴィア・フークスは胸元が大きく開いたシックな黒のドレスで登場し「とても温かい歓迎を受けて、胸がドキドキしています!本作は非常に楽しんで作った作品なので、みなさんも楽しんでご覧ください!」と喜びを述べ、淡いピンクのドレスで登場したアナ・デ・アルマスも「やっと日本にやってくることが出来ました!ツアー最終日の東京で、みんなに本作を観てもらえることを興奮しています!」とコメント。世界が注目する2人の美女が会場に華を添えた。続編の話を聞いた時の感想を聞かれたハリソンは「リドリーから「もう一度デッカードをやる気はあるか?」と電話があったんだ。リドリーはあまり電話をしないのに!(笑)」と面白そうに経緯を説明すると、「新しい物語は、アツく素晴らしい出来だった。ライアン演じるブレードランナーK とデッカードの人間関係が良いんだ。感情を震わせる絆が描かれる。」と本作への自信を見せた。『ブレードランナー』の世界観といえば日本の“新宿”からインスパイアされたと言われるが、本作にはどんな“日本の要素”があるのかという質問にヴィルヌーヴ監督は「広告や看板に日本的要素が描かれているので注目してほしい!」とコメント。さらに「この映画の撮影で最初にライアンに言われたのは、「新宿に行ったことはあるか?」だったんだ!「何度も行っているよ」と答えたよ」とライアンとの意外な会話で会場を沸かせた。
ブレードランナーK が唯一心を許す恋人であり、相談相手であり、心の支えとなるジョイを演じたアナは役作りについて「ジョイというキャラクターはミステリアスで、複雑だと思ったの。ドゥニ監督と、ライアンと一緒に話し合って作り上げました」と語った。対するシルヴィアは本格アクションに初挑戦し「週6日、毎日6時間のトレーニングを行った。大変な痛みを感じたけれど、そのおかげで本作のファイトシーンが生れたのよ」と過酷なトレーニングだったことを明かした。映画史に残るような役をいくつも演じてきたハリソンだが、日本の観客がデッカードのどんな部分に魅力を感じるかと質問に「デッカードは複雑でユニークな世界を物語る役目があった。本作で第一作目にないようなキャラクターを描く機会を得た。この設定は、スペシャルで厚みのある映画だ!」と熱く語り、『ブレードランナー』が作り上げてきた歴史を改めて感じさせる夜となった。

世界中のファンを熱狂させ続けている『ブレードランナー』だが、キャスト・監督から次々と明かされる制作秘話に、集まったファンたちは最後まで大熱狂!
『ブレードランナー』と密接な関係のある日本でのジャパンプレミアは大盛況のうちに幕を閉じた。

ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のコメントは以下です。

●ハリソン・フォードへ
本作に出演できたことを誇りに思っている。第一作目の時、日本のファンの反応はすごく良かった。『ブレードランナー 2049』もみんなと一緒に楽しみたい。

<前作で監督を務めたリドリー・スコットから続編の話を聞いたのはいつでしたか?またその時はどんな風に思いましたか?>
リドリーから「もう一度デッカードをやる気はあるか?」と電話があったんだ。
リドリーはあまり電話をしないのに!(笑)私は「シナリオとストーリーをまず読みたい」と返した。新しい物語は、アツく素晴らしい出来だった。ライアン演じるブレードランナーK とデッカードの人間関係が良いんだ。感情を震わせる絆が描かれる。

<映画史に残るような役をいくつも演じてこられましたが、日本の観客の皆さんはデッカードのどんな部分に魅力を感じると思いますか?>
『ブレードランナー』はストーリーが良く練られた映画だ。デッカードは複雑でユニークな世界を物語る役目があった。本作で第一作目にないようなキャラクターを描く機会を得た。この設定は、スペシャルで厚みのある映画だ!

●アナ・デ・アルマス
やっと日本にやってくることが出来ました!ツアー最終日の東京で、みんなに本作を観てもらえることに興奮しています!

<ジョイはブレードランナーKが唯一心を許す恋人であり、相談相手であり、心の支えになる人です。このようなキャラクターを演じていかがでしたでしょうか?>
脚本を読んだとき、ジョイというキャラクターはミステリアスで、複雑だと思ったの。彼女が象徴しているものと、気持ちは真逆で、ドゥニ監督と、ライアンと一緒に話し合って作り上げました。

●シルヴィア・フークス
とても温かい歓迎を受けて、胸がドキドキしています!皆さんに感謝しています。
本作は非常に楽しんで作った作品なので、みなさんも楽しんでご覧ください!

<見事なアクションを披露されていますが、役の準備の為にどんなトレーニングをされたんですか?>
この役を得て、翌日からトレーナーが付いたわ。週6日、毎日6時間のトレーニングを行った。肉体的にも、精神的にも強くなったわ。大変な痛みを感じたけれど、そのおかげで本作のファイトシーンが生れたのよ。

●ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督へ
<前作で描かれた2019 年の近未来は、日本の“新宿”からインスパイアされたと言われていますが、『ブレードランナー 2049』には、どんな“日本の要素”が見られますか?>

前作は日本文化の影響が顕著でした。デザイン、技術、衣装など出来るだけ日本文化を受け継いだ。さらに本作では、広告や看板に日本的要素が描かれているので注目してほしい!この映画の撮影で最初にライアンに言われたのは、「新宿に行ったことはあるか?」だったんだ!「何度も行っているよ」と答えたよ。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54946