マンガアプリ「マンガボックス」で連載を開始した途端に人気No.1大ヒットを記録し、2年半にわたりその地位を不動のものとしている大人気マンガ「恋と嘘」。コミックス発売後も重版を連発しアニメも大絶賛された本作が、原作とつながりを持つアナザーストーリーとして待望の実写映画化となり、10月14日(土)より全国公開いたしました。

この度、本作の公開初日を祝して、豪華キャスト陣・アーティスト・監督による舞台挨拶を実施致しました!
主演の森川葵をはじめ、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、主題歌と挿入歌を担当した阪本奨悟、古澤健監督が一堂に会し、それぞれが初日を迎えた喜びを語る華やかなイベントとなりました。

【日程】10月14日(土)
【場所】TOHOシネマズ新宿 SCREEN 9
(東京都新宿区歌舞伎町 1-19-1 新宿東宝ビル3階)
【登壇者】森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督

<以下イベントレポート>

シリーズ累計発行部数160万部を越える大人気マンガのアナザーストーリーとして実写化された映画『恋と嘘』が、10月14日(土)に全国167スクリーンにて封切りを迎えました。いち早く本作を鑑賞した観客たちが今か今かと待ちわびる中、森川葵、北村匠海、佐藤寛太、浅川梨奈、田辺桃子、阪本奨悟、古澤健監督が登場すると大歓声に包まれた会場。

ヒロイン・仁坂葵を演じた森川は「皆さんと初日を一緒に迎えられて本当に嬉しいです!」と感無量の様子で、葵の幼なじみ・司馬優翔を演じた北村は「今日一度観た方も何度も見て欲しいです。是非この映画を愛してください」と想いを伝え、葵の政府通知の相手・高千穂蒼佑を演じた佐藤寛太は「今日は短い時間ですがよろしくお願いします」と挨拶。続いて葵のクラスメイト・小夏を演じた浅川は「本日この場に登壇させて頂けて、本当に光栄に思っております」、同じくクラスメイトの秋帆を演じた田辺は「天気が悪そうでしたけど、無事に公開を迎えられて嬉しいです」、主題歌と挿入歌を担当した阪本は「素敵な作品に参加できてすごく嬉しいです。皆さんも是非楽しんでいただけたらと思っております」、メガホンを取った古澤監督は「これから僕らの手を離れて皆さんのもとに届きますが、皆さんの暖かい様子を見ていると祝福してもらったなという思いでいっぱいです」とそれぞれ公開初日を迎えた喜びを露わにしました。

本作は出生率の劇的な低下を食い止めるために「超・少子化対策法」という法律が制定され、遺伝子情報などを基に政府が最良のパートナーを知らせる<政府通知>が満16歳になる日に届けられる、遠くない未来の日本が舞台。
そんな本作での撮影現場のエピソードについて問われると、森川が「寛太くんが『水族館のシーンが好き』って言ってたのに、その撮影の日を把握してなかったこと。ビックリしました(笑)」と暴露し、北村も「それはイカン(笑)」とつっこみ、タジタジになる佐藤。北村は続けて「司馬と高千穂がぶつかるシーンでは、こんなおちゃらけた感じの寛太くんと真面目に立ち位置など細かいところまで話し合ったことは思い出深いです」と佐藤との撮影秘話を披露。佐藤は「高千穂が葵のもとに現れる前に一緒にいた葵と司馬のシーンが好きです」と明かすが、そのシーンでは5時間待機してセリフがたった一言だったようで、北村も「ブルブル震えてたね(笑)」と当時を振り返りました。田辺は「印象深いのが、浅川が婚約指輪を葵さんに見せるシーンなんですけど、左手自体がキラキラしてて」と羨ましそうな表情を見せると、浅川は「初めて左手の薬指に指輪をはめたので、ずっとニヤニヤして、役同様に自慢してました(笑)」と嬉々とした様子を見せます。古澤監督は「原作が特殊な世界なのに、(キャラクターたちの)反応とかがすごくリアルに感じました。だから映画では、生身の人間が演じるということもあるので設定に甘えて寄りかからずにどうしたら皆の自然な感情が出てくるかなと意識してました」とキャストと一体になって作品を作り上げたことを明かしました。

次にMCから実際に政府通知があったら、あり?なし?と質問されると、“あり”と答えたのは森川、北村、佐藤、浅川。森川は「知れば知るほど(政府通知は)いいなと思います。16歳で結婚相手を知らされるのは早いなとも思うんですけど、世の中をあまり知らない年齢だからこそすんなり受け入れられると思う」と力説し、浅川も「自分の好きな人が政府通知の相手だっていう可能性もあるし、芸能人と結婚できたりするかもしれないわけですよね。夢があるなって。私は政府通知がないと私は結婚できる気がしないです(笑)」と胸の内を明かします。続いて、北村も「僕も素敵な制度だなと思います。誰しもに同等の幸せになる権利を与えてくれるので」、佐藤は「提示してくれるのであれば、一回会ってみたいなっていう好奇心があります」とそれぞれ賛成の意見を挙げました。

一方で“なし”派である、田辺は「教えてくれるのは楽だと思うんですけど、後悔しない道を選びたいので自分で出逢いたいです」とコメントし、同じく“なし”派の阪本も「後々、うまくいかなったときに政府通知のせいにしたくないので、自分の気持ちに正直にいた方が納得いくんじゃないかなと思います」と反対意見をアピール。さらに、古澤監督から「賛成の意見を聞いているとその気持ちが分かるんですけど、みんなと違って僕は45歳なので、振り返ると間違えるチャンスがあってよかったなって思います。トライ&エラーを重ねてきたことで今の自分がいるから」と経験からなる説得力のある意見も。

また、本作で初めての主題歌、そして挿入歌「恋と嘘~ぎゅっと君の手を~」を自身で作詞作曲をしたことについて、阪本は「本当に光栄で嬉しい限りです。福山さんの「HELLO」は僕が1歳のころにリリースされた曲ですが、僕の色でこの曲をどう届けられるかっていうのを試行錯誤しました。(オリジナルの挿入歌は)台本を読ませていただいて、恋愛に向き合いながら青春を駆け抜ける登場人物たちに共感して、自分の青春時代を思い出しながら僕なりにこの楽曲で表現してみました」と想いを滲ませました。

そして最後に、佐藤は「心が温まって幸せになれる作品なので、是非大切な人と映画館に足を運んでください!」、北村は「この作品に込められた自分にとっての幸せを考えて迷ったりする姿の美しさを、これから映画を観てくれる沢山の人々に伝えていただけたら嬉しいです」、森川は「この映画は青春ラブスーリーなんですけど、恋愛禁止の世界という、これまでになかったラブストーリーだと思います。阪本さんのエンディングを聴き終わっても、席を立たずに絶対に見て欲しいラストシーンが残っています。そのシーンの先は、皆さんが考えていただきこの作品を完成させてください!」とそれぞれ思い思いのメッセージを送り、興奮冷めやらぬまま本イベントは幕を閉じました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=56046