2006年版「この恋愛小説がすごい!」1位に輝いた、島本理生による禁断の純愛物語を、嵐の松本潤主演、ヒロインに有村架純、恋愛映画の名手・行定勲監督がメガホンを取り映画化した『ナラタージュ』が大ヒット公開中です。

本日10月12日、韓国・釜山にて、第22回釜山国際映画祭が開幕しました。
「Gala Presentation(ガラ プレゼンテーション)部門」に正式招待された本作から、有村架純と行定勲監督が開幕式のレッドカーペットとオープニングセレモニーに出席しました。
有村は、国際映画祭に初参加となります。
明日13日に行われる公式上映にも参加いたします。
第22回釜山国際映画祭は、10月21日まで開催。

本作は、高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる大人のための恋愛映画。許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山役を演じるのは、松本潤。
葉山を全身全霊で愛する工藤泉役を、有村架純が扮する。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48465