壮大なスケ―ルと世界観、想像を超越した物語で、海を越えて世界中を魅了する驚異の“ハガレン”現象を巻き起こした今世紀最大級の傑作コミックが実写化! 全世界待望のファンタジー・アクション超大作『鋼の錬金術師』が12月1日(金)に公開!
「鋼の錬金術師」は、月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で連載された国民的人気コミックで、発行部数はシリーズ全世界累計7,000万部超! 幼き日に最愛の母親を亡くした兄・エドと弟・アルの波乱に満ちた冒険と成長のストーリーは、今もなお世界中のファンを魅了し続け、世界中から熱烈なオファーに応え、世界各地でファンイベントを行うワールドツアーを敢行するなど人気を博している。

この度実写映画公開を記念して、原作者・荒川弘によるイラスト・原画が初展示される「鋼の錬金術師展」の開催にあたり、オープニングセレモニーを開催。登壇ゲストとして、映画『鋼の錬金術師』でヒロイン・ウィンリィを演じる本田翼さん、ホムンクルス(人造人間)・エンヴィーを演じる本郷奏多さん、さらに大の<ハガレン>ファンを公言する土田晃之さんが登場! 1000人ものギャラリーが集まり一時パニック寸前の会場で、<ハガレン>史上初となる大規模原画展の開催を祝いました!

大規模原画展では、荒川弘の生原稿やカラーイラストが200点展示されているだけでなく、ハガレンの世界を体験できる映像演出などインタラクティブな仕掛けが満載。さらにアニメシリーズで主人公・エドとアルを演じた人気声優の朴璐美さん、釘宮理恵さんによる録り下ろし音声ガイド(有料)も楽しめ、入場特典や限定商品の販売もあり、その充実した内容にいま話題沸騰中です!

本イベントでは、原作ファンでもある登壇ゲストたちが「ハガレンのここが好き!」という“ハガレン愛”を語っていただくほか、“もしも私が錬金術師だったら”というテーマで全国のハガレンファンから公募をかけたイラストコンクールの結果発表を行いました。原画展を待ちきれないファンの代表として、本田さん、本郷さん、そして、ハガレン展スペシャルサポーターとして土田さんが見どころや、<ハガレン>の魅力を存分に語っていただきました!

■日時:9月14日(木)
■場所:東京ドームシティ クリスタルアベニュー沿い(文京区後楽1-3-61)
■出席:本田翼、本郷奏多、土田晃之

<実施レポート>
映画公開記念「鋼の錬金術師展」の東京会場となる東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリーアーモ)前に、本作で主人公エドとアルの幼馴染にしてオートメイル技師であるウィンリィ役を演じる本田翼さん、アルとエドの兄弟と対峙する“嫉妬”を司るホムンクルス(人造人間)・エンヴィー役の本郷奏多さん、そして大のハガレンファンを公言し、本原画展のスペシャルサポーターの土田晃之さんが登場! イベント会場には、1000人ものギャラリーが集まり一時パニック寸前! 3人が登場すると黄色い歓声と拍手が沸き起こりました。

東京ドームシティのハガレン展は今週9月16日(土)よりスタートしますが、一足早く本展を体験した本田さんは「チケット交換からワクワクします。嬉しいサービスが詰まっていて、中に入ってからは興奮しっぱなしでした!」、本郷さんは「先生の描いた原画が200点ほどあって、実際の筆遣いのタッチを至近距離で見ることができて嬉しかったです。プロジェクションマッピングを使った派手な演出もあり、ここでしか見れないものが沢山あります。また来たいですね!」、土田さんは「実は細かいところにちょっとした遊び心があります。撮影できますよ、できませんよ、というマークや、トイレのマークにもぜひ注目して欲しいです!」と、興奮した様子で思い思いに原画展の魅力についてコメントを寄せました。

7つのエリアで構成されている本展。本田さんは「ファンとしては、原画が並んでいるところは是非見て頂きたいです。先生が描いたものが、そのまま並んでいるのでサイズ感であったり、先生の歴史が見れます」と荒川先生の原画を生で見ることが出来たことを喜ぶと、大のハガレンファンの土田さんが「(本田さんは)かなりのファンなんです。さっき2時間位収録で(ハガレン展を)まわった時も、本当にキャッキャしてました(笑)」と、本田さんのハガレンファンぶりに太鼓判を押す一幕もありました。続けて本郷さんは「ホムンクルスのゾーンがお勧め。僕が演じたエンヴィーもホムンクルスのメンバーなので楽しめました」、土田さんは「荒川先生のこんなのを集めるのが趣味なんだということも分かります。その趣味が作品で描かれているし、ホムンクルスゾーンでホムンクルスの核になっている部分を触れることが出来ます」と、お客さんに見て欲しいポイントを語りました。

続いて「ハガレンのここが好き」というテーマで、3人の好きなポイントを伺うことに。本田さんは「『鋼の錬金術師』に出てくるキャラクターはみんな個性があって、エドとアル兄弟を成長させてくれる。キャラクターの良さと兄弟の成長のドラマを描いているところ素晴らしいです。誰一人もかけちゃいけないんです!」と熱弁。本郷さんは「少年誌で連載していた作品ではあるんですがテーマが深い。錬金術で人を作ってはいけない。それはなぜなのか、という倫理感に訴えかけてきます。大人も楽しめる作品だと改めて思います。漫画だとデフォルメされてライトになることも、実写で描かれると、とても心に響きます。ぜひ実写でも見て欲しいです」と、ハガレンに出てくるキャラクター、そしてストーリーにおいて溢れる思いを語りました。

本郷さんのお話を聞いていた土田さんは「すべて魅力的だと思いますが、本郷さんが喋っているときに本田さん本郷さん本当にコメントお上手ですね!と小声で言っていているんですが、本田さんが反省していて可愛い(笑)」と笑いを誘いながら語り始め「架空の世界にも関わらず、こんなにも魅力的に描かれている作品はない。素晴らしいです。ほっこりする部分も描かれているし、えぐい部分もえがかれていてそこが魅力的です。」と “ハガレン愛”を込めて熱い想いを語りました。

3人が大好きなコミック「鋼の錬金術師」の実写化となる映画『鋼の錬金術師』が、いよいよ12月1日より公開。映画の見どころについて本田さんは「展示会に飾ってある名シーンの数々が、劇中でそのまま描かれています。映画は原作をとても大事にしているので、皆さんが観たいシーンが詰まっています!」、本郷さんは「名シーンをふんだんに再現しているので、しばらくハガレンから離れていた人も、今回ハガレン展に来て頂いたら、またハガレンを思い出すことができると思います」と、ハガレン展で映画を見る前に見るべきポイントを明かし、土田さんは「隠された面白いものがあるので、小さな子も楽しめる」と自身の子供に見せたい部分についてコメントを寄せました。

さらに本田さんは「アクションシーンが一番の見どころ。錬成物が出てくるバトルシーンを実際に見ることが出来て感動しました。映像が美しいです!」、本郷さんは「今までの日本映画のクオリティじゃないレベルです。今までの映像技術じゃない技術を使っていると思います。異国の作品で日本人が演じていて皆さんどうなの?と思っていると思いますが、払拭できていると思いますので是非見てください」と映画の魅力についてコメント。映画を心待ちにしている土田さんは「スケール感凄かったです。本当にCGが凄かった。アルも素晴らしかったです!是非全編を見てみたいなと思いました」と公開が待ちきれない思いを明かしました。

また、映画の公開を記念して小学生、中学生、高校生を対象に朝日小学生新聞と映画館で「もしもキミが錬金術師だったら?」「どんな能力を持っている?」「どんなことをしてみたい?」をテーマに自由な発想でイラストを描いてもらう【もしも私が錬金術師だったら】イラストコンクールを7月28日~8月28日の期間で実施していましたが、本イベントで本田さんと本郷さんにハガレン賞の発表していただきました! 受賞者には原作者である荒川先生のオリジナル錬金術師イラストをプレゼント、さらに受賞者のイラストを本展で展示します。

見事賞に輝いたのは中学二年生の植村瑠里さんによる「成績アップ錬金術師」で、本田さん「私、学生だったらこれ使いたいです」と受賞者の発想に感心し、本郷さんは「でも、テストの回答用紙を変えても先生の査定表は変わらないんで、結局成績は悪いんですよね」と冷静なコメント。また、土田さんは「中2の子がそんなに描けるなんてすごい。みんな一回考えることですよね、僕も中学の時に錬金術で100点にしていました(笑)」と自身の学生時代のエピソードを披露しました。そして受賞者の発表後、荒川先生が描いた絵が登場し、土田さんは「いいですね!」と大興奮。本田さんと本郷さんも「応募すればよかった・・・!」と、羨ましがりました。

最後に「鋼の錬金術師展」の開催を記念してテープカットを行い、イベントは興奮に満ちたまま終了しました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=55122