全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウ
ォーズ」。全米興行収入ランキング歴代 No.1 を記録し歴史に名を刻み、日本でも社会現象級の大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描いた最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、12 月 15 日(金)に公開となる。
そしてこの度、9 月 3 日(日)阪神タイガース VS 中日ドラゴンズ戦が行われた阪神甲子園球場にて、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開を記念した<スター・ウォーズ ナイター>が開催された。

<スター・ウォーズ ナイター>のメイン企画「ファーストピッチ セレモニー」が始まると、ダース・ベイダーを受け継ぐ存在カイロ・レンがストームトルーパーと共にマウンドに降臨。球場全体がダークサイドに支配される中、ジェダイローブに身を包んだ 2 人が登場。ローブを脱いで現れたのは、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーのように幾多の阪神タイガースの窮地を代打で救い「代打の神様」と呼ばれる“伝説(レジェンド)”八木裕さん!さらに、前作でフォースを覚醒させたヒロイン・レイのように、ひたむきに努力を積み重ね才能を“覚醒”させた吉本新喜劇史上初の女性座長で新星の酒井藍さんが顔を見せると、甲子園のボルテージは一気にヒートアップ!
八木さんと酒井さんは、我々の記憶にも新しい前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストシーンで出会いを果たし、最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で活躍が期待されるルークとレイを思わせることから選ばれた。そんなレイを彷彿とさせる酒井さんから八木さんへフォースの力が宿ったボールが手渡されたのだが、KIDS スペシャルデーということで、この日バッターボックスに立ったスター・ウォーズファンの少年が何とホームベース上に立つハプニングが発生!八木さんはマウンドから大きなジェスチャーで立ち位置を指示。
MC のかまいたち(山内健司さん、濱家隆一さん)も「そこホームベースの上ですよ~!」とツッコミを入れる一幕があり、球場は笑いに包まれた。


八木さんは「甲子園のマウンドに立てば、子供でも関係ない」と全力投球!
ボールがキャッチャーの元へ届くと、会場からは盛大な拍手とどよめきが巻き起こった!その後、ゲスト MC のかまいたちが「阪神タイガースよ、フォースと共にあらんことを!」とエールを送り、場内が一段と活気づく中、セレモニーは締めくくられた。

セレモニーを終えて八木さんは「マウンドに立つ機会は現役の時にはなかったので、非常に興奮したし、良い思い出になりました」と振り返った。酒井さんは「“マドンナ(ヒロイン)”の役をするのが初めてなのですが、その初めてがスター・ウォーズで嬉しかったです。」と大興奮の様子。「ご自身がスター・ウォーズに出るとすればどんな役か」という質問に八木さんは、「ハリソン・フォードが好きなので、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のハン・ソロのようなお父さん的な役柄かな。」と答えてくれた。
“伝説のジェダイ”にちなみ、「“この人は伝説だ”と思う座長や芸人はだれか?」との質問に、酒井さんは「未知やすえねえさんだと思います」と、かまいたちの濱家さんは「坂田利夫師匠ですね」と先輩の爆笑エピソードを披露してくれた。
また“伝説の選手”として八木さんが現役選手や子どもたちに伝えたいことを聞かれると、「夢を持って“自分はきっとできる”と思ってまっしぐらに進んでほしい」と後進への思いを明かした。
さらに、「今日の恰好は BB-8 を意識しているんですよね?」との質問に酒井さんは「そーそーそー。オレンジと白で結構色合いカワイイでしょ。私人間ですねん!」とおなじみのギャグで笑いを誘った。そして最後に、全員で「フォースと共にあらんことを!」と映画を心待ちにする観客の皆さんへメッセージを送った。

またこの日、球場内では、阪神タイガースの“顔”ともいえる福留選手、鳥谷選手、糸井選手が登場する《スター・ウォーズ&阪神タイガース スペシャルポスター》が掲出された。彼らが持っているのはバットではなく、映画に登場するライトセーバー!まさにジェダイさながらの勇姿で映画の人気キャラクター C-3PO、R2-D2、BB-8 との“共演”を果たしている。
甲子園が「スター・ウォーズ」ムード一色となり、訪れた人々は<スター・ウォーズナイター>を存分に楽しんでいた。
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』への期待がますます膨らむばかりだ!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=55141