人の姿をしながら人を喰らう怪人・喰種と人間の闘いを描くバトルアクションエンターテインメント『東京喰種 トーキョーグール』が、7月29日(土)より満を持して全国公開され、大ヒット上映中です。本日8月2日(水)、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて公開記念舞台挨拶を実施。カネキの唯一の親友・ヒデ役を演じた小笠原海(超特急)が登壇した。

映画出演が決まる前から「東京喰種」の大ファンである小笠原は、映画オリジナルスタッフTシャツに身を包み登壇。「今日はたくさん話させていただければと思います」と挨拶をし、時間が許す限り、観客への質問に誠意をもって応えた。
 
本作は、世界累計発行部数3,000万を超える大人気コミックの実写映画化で「原作ファンの友人から、期待を裏切らなくてすごく面白かったよと連絡があった」と言い、周りでも評判は上々。その友人が一番興奮したというシーンが、喰種のニシキに襲われるシーン。ワイヤーにつられて突っ込んだという該当シーンはCGではなく生身で実施したことが明かされた。その後、映画の展開としては、ヒデは血まみれになって気絶してしまう。「朝早くから丸1日血みどろで、夜遅くまで血みどろで、次の日も血みどろで…」と丸2日間の「血みどろ」の撮影だったといい、金髪だった髪の毛が血のりで少し赤く染まるほどに。そんなエピソードを語る中、実は小笠原は「潔癖症!?」であることが観客にいたファンによって判明!潔癖症ゆえに血のりでの撮影に心配の声もあがったが、小笠原は「原作でもそうだったので、すごく嫌な気持ちはなかった。役のためならなんでもやります!」と意欲的な姿勢を見せた。そして、窪田正孝演じるカネキに顔を舐められるシーンでは、「あのシーンは窪田さんのアドリブで。僕は気絶しているから窪田さんに抱かれて受け身のスタンスで待っていたら、まさかそういうアプローチでくるんだって…。ビックリはしましたが、カネキの喰種としての一面がでてたので、すごくいいシーンになりました」といい、「窪田さんに顔を舐められるのは嫌じゃなかったですね」と「潔癖症」を撤回した。

最後に、「まだまだ上映は続きますので、周りのみなさんに薦めていただき、多くの方に観ていただければと思います。石田スイ先生の原作もぜひ読んでいただきたいです。この夏は、『東京喰種』の世界にドップリ浸かってください!」とメッセージを送った。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=55243