生誕から30年を迎える人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画化が実現!原作がシリーズ累計発行部数1億部を超える、今年最大の話題作である映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日(金)より全国公開致します(配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画)。
現地時間7月2日(日)、第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭にて、ワールドプレミアを開催致しました!
本映画祭は、スイス、ヌーシャテルで6月30日から7月8日まで開催されているヨーロッパを代表する映画祭で、本作はインターナショナル・コンペティション部門に選出されており、ワールドプレミアとして世界の映画ファンへ向け本作が初お披露目されました! さらに世界各地に熱狂的なファンが多い三池崇史監督とともに、海外の映画祭が初となる主演・山﨑賢人が参加しました。イベントは、上映前の舞台挨拶と上映後のQ&Aが実施され、海外の映画祭初参加の山﨑賢人はフランス語で挨拶するなど、大盛況のイベントとなりました!

◆稼働(敬称略):山﨑賢人、三池崇史監督
◆映画祭名:第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭
◆実施日:[現地時間]7月2日(日)20:00~    開催場所:スイス・ヌーシャテル

現地時間7月2日(日)、第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭の公式上映イベントに世界各地に熱狂的なファンが多い三池崇史監督とともに、海外の映画祭が初となる主演・山﨑賢人が参加。本映画祭は、スイス、ヌーシャテルで6月30日から7月8日まで開催されているヨーロッパを代表する映画祭。本作は同映画祭のインターナショナル・コンペティション部門に選出されており、7月8日に結果が発表されます。今年は、イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、アメリカ等を含む9か国から約300名のプレスが参加。また、仗助のコスプレをした人もいるなど現地ファンも本作の公式上映を心待ちにしている様子で、当日は満席で、さらに立ち見の人や空席待ちの人がでるほど、高い注目を集めていました。

500人収容の会場での公式上映を前に、三池監督は「どう楽しんでもらえるのかを一緒に楽しめたら。もう、お客さんのものですからね、わざわざジョジョをみにきてくださる人たちがどんな人たちなのか、勇気をくれる人たちだと信じています。」と意気込みを語り、山﨑賢人は初の映画祭ということもあり、緊張の面持ちで、「海外の人たちがジョジョをみてどういう反応をみせるのか気になりますし、その中で一緒に映画を観られるのは貴重な体験だと思うので自分も楽しみながら、最高のキャストと最高のスタッフで作りあげた、この三池監督のジョジョワールドを皆さんに楽しんでもらえたらと思います。」と、作品の出来に自信をみせました。

最初に上映前に現地ファンの前に登場した山﨑と三池監督は観客から大歓声で迎えられました。三池監督は「今朝、ホテルで目が覚めて、窓の外を見ると人が誰もいなくて、夜、お客さんが来てくれるか不安でしたが、こうして多くのお客さんに来て頂けてほっとしています」と心境を語り、本作の初披露の場でもあったことから、「日本でもお客さんの前では披露しておらず、世界で初めて皆さんに完成した本作を観て頂くので、楽しんでもらえること心から祈っています」とコメント。山﨑は監督から“ジョジョ”と紹介されると観客からの盛大な拍手に手を振って応え、「こんばんは、山﨑賢人です。『ジョジョの奇妙な冒険』を見てもらえることにとても興奮しています。ヌーシャテルのみなさんを愛しています。」と流暢なフランス語でコメントし、再びファンから盛大な拍手が巻き起こりました。

現地ファンとともに本作を鑑賞した山﨑賢人と三池監督。映画の上映が終わると、自然と拍手が巻き起こり“トレビアン”の声が!そのままスタンディングオベーションに。その様子に、山﨑と三池監督ががっちりと握手をするシーンもあり、山﨑は初の体験に興奮した様子で、笑顔で現地ファンの歓声に応えていました。
その後、熱気が冷めやらぬまま行われた上映後Q&A。現地ファンから撮影で一番大変だったことについて聞かれると、山﨑は「スタンドを出す、スタンドで戦うこと」と語り、それを受け三池監督は、「CGIの予算に限りがあったので、彼には自力でスタンドを出してもらいました。」と早速、冗談を交えて回答。さらに、初めてお客さんに披露た心境を聞かれた三池監督は、「よく漫画のことを知っている人がいて、それぞれリアクションが違って非常に楽しかったです。でも、観終わって皆さんの笑顔を見てほんとに助かりますし、救いになります」と、上映後のお客さんの反応に満足している様子でした。また、「実際の撮影はスペインのシッチェスで行ったので、日本にいってもロケ場所をみつけられないので注意してください」と、お客さんに注意を促す場面も。次にジョジョを映画化した理由についての質問が飛び出すと、「長い間、荒木先生が連載をされており、現在一億部を超えています。誰にも実写化できないと言われ、何年も前から様々な人が実写化に挑戦したがなかなか実現しなかった。そして、今回、山﨑賢人という俳優が登場し、勇気をもって映画化した。」と、映画の制作秘話を明かし、さらに、続編について聞かれると、「続編ができるかどうかは、はじめて観た皆さんがおもしろかったと世界へ向けて発信してくれるかにかかっています」と、お客さんへ本作のPRを促していました。
また、映画化前に原作を読んでいたかという質問に対して山﨑は、「正直言いますと、ジョジョは出演が決まるまでは読んでいなかったのですが、(出演が決定してから)読んで大ファンになりました!」と答えると、再び客席から歓声が上がり、続いて、仗助というキャラクターについて聞かれると、「仗助に対してはすごく憧れる部分がありますね。自分自身がなかなかできないようなことをやってくれるので、かっこいいキャラクターだなと思います。」と自身が演じたキャラクターへの想いを語りました。
MCから最後の質問ですというアナウンスがあると、お客さんから残念がる声がでるなど、惜しまれながらもイベントは終了。
イベント後、感想を聞かれた三池監督は、「ぐったりと疲れたけど楽しめた。映画を真剣に観てくれて、真剣に楽しんでくれたのが伝わってきました。」と、現地ファンの反応に喜びを見せ、山﨑は、「いい経験ができ、感動しました。」と感無量の様子で、「日本とはお客さんの感覚が違いしますが、今回そのお客さん達と一緒に観ることができていい経験になりました。スタンディングオベーションは嬉しかったですね。」と初の海外映画祭を非常に楽しめた様子だった。

また、本作を鑑賞したファンは、「三池監督の作品を見るのは初めてです。僕はジョジョの大ファンで、原作マンガもアニメも好きですが、映画もとてもよくできていて素晴らしいと思います!」と本作を大絶賛!原作を知らないファンからも「僕はマンガを読んだことがなかったのですが、とても驚きました。すごくいい映画でしたね。アクションも美術や音楽もすごいと思いました。素晴らしい映画ですね。」と、完全に本作に魅了された様子でした。「アニメ版も良く見ていましたが、このような映画になりとても嬉しいです。俳優、音楽、アクションも良く大好きです!本当に気にいりました!」と興奮気味に語る女性の姿も!
さらに主演の山﨑に関しても、「パンチを出す時の怒りの表情などがとても豊かで良かったです。彼はとても良い仕事をしていましたね。とても楽しめました。」と太鼓判をおしていた。

日本での上映を前に海外で行われたワールドプレミアは、現地ファンも大満足の様子で、イベントは大盛況のまま終了した。海外のファンに認められ、これを機に“ジョジョ”が日本だけでなく、世界の注目をより一層集めることは間違いない!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=55579