1984年にメジャーデビューし、紅一点・NOKKOのキュートでパワフルなボーカルやファッションが話題を呼び大ブレイクしたバンド、レベッカ。1985年12月25日のクリスマスに渋谷公会堂で行なわれた「REBECCA WORLD CONCERT TOUR ~Maybe Tomorrow」のライブ映像が、劇場版『REBECCA LIVE’85 Maybe Tomorrow Complete』として生まれ変わり、6月25日(日)に全国19劇場20スクリーン(動員3500名)にて一夜限りのプレミア上映が行なわれた。

2015年8月には、20年振りにライブを行なったレベッカ。誰もが実現するとは思っていなかった再結成ライブは、3万枚のチケットに11万通の応募という反響を呼び、その年の音楽界でも大きな話題となった。そんなレベッカが、2017年夏、実に28年振りとなるツアーを発表、7月25日(火)の大阪フェスティバルホールから9月1日(金)の日本武道館まで9公演が予定されている。

再びその活動が注目されているレベッカのキャリアのなかでもターニングポイントとなったのが1985年11月に発売された通算4枚目のアルバム。初のアルバムチャート1位を獲得したJ-POP史における金字塔となる名盤『REBECCA IV~Maybe Tomorrow』を引っ提げて行なわれた1985年のツアー「REBECCA WORLD CONCERT TOUR ~Maybe Tomorrow」は、レベッカにとっても想い入れの強いツアーであり、そのハイライトともなる12月25日・渋谷公会堂でのライブは、デビュー2年目の大ブレイクの瞬間をとらえた伝説のステージとして、ファンの間でも語り継がれている。そのブレイクのきっかとなった先行ヒット曲「フレンズ」を本編とアンコールで合わせて2回演奏しているのも特筆に値する。今回の劇場版はそんな貴重な夜を記録したライブ映像であり、渋谷公会堂の感動パフォーマンスを完全収録したファンならずとも見逃せない映像となっている。

伝説の一夜から32年、ライブ全編の商品化を希望するファンの声が多く寄せられていた中、ついに全編ノーカット収録となる劇場版の編集を担当したのは、レベッカの楽曲「フレンズ」「Raspberry Dream」などのミュージックビデオを手がけ、渋谷公会堂ライブの収録ディレクターも務めた板屋宏幸氏。奇跡的にも良好な状態で保管されていたカメラの素材と、デジタルマルチテープなど、全ての素材を集め、見事に現代に蘇らせることに成功している。ライブ音源のリミックスは、アメリカのシカゴでキャリアをスタートさせ、マドンナをはじめ、ジャネット・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、坂本龍一、宇多田ヒカルらの一流アーティストを手掛けてきた音楽プロデューサーでありミックスエンジニアのGOH HOTODA氏が担当。ライブから32年を経て遂に全貌が明らかになり、あの日のセピアな記憶がクリアな記録となって再現された。

6月25日(日)新宿バルト9で行なわれたプレミア上映前には、レベッカのメンバーによる初の舞台挨拶も行なわれた。NOKKO(ボーカル)、土橋安騎夫(キーボード)、高橋教之(ベース)が登場した(小田原豊[ドラムス]はスケジュールの都合により欠席)。大きな拍手と歓声に包まれ、少し照れながら微笑を浮かべてステージに登壇。400人満員の観客が見守るなか、1985年12月25日の会場でも取材していた音楽評論家・田家秀樹さんが司会進行でスペシャルトークがスタートした。

NOKKO「じつは今回、人生で初めて自分たちの映像作品を観ました。あらためてDVDで観ると私たち凄かったんですね。この頃はまだ<Raspberry Dream>やってないんだぁ~って、ビックリしました!(笑)」
土橋「出来てないかな(笑)。こうやってきちんと過去のライブ映像を観る機会はなかったからね」
NOKKO「あんまり振り返るようなバンドじゃなかったもんね」
高橋「32年前ですか。やっぱり若いですよ! 曲間も演奏も余裕とスキがなくて勢いがあってイケイケですよね」
NOKKO「このツアーはレベッカとしてバンドの若いエネルギーが一番ピークの時だから」
土橋「ツアー中にどんどん注目されるようになって、この夜は渋谷公会堂に人があふれていたのを想い出しますね。あとNOKKOがすごくしゃべってますね。MCが多いもん。」
高橋「とにかく若かったですね(笑)!」

ライブのテーマとなった通算4枚目のアルバム『REBECCA IV ~Maybe Tomorrow~』を制作エピソードの話題になると当時の想い出をNOKKOが回想した。
「女の子を歌った歌詞をメンバーが理解してくれたのが嬉しかったですね。そういえばCBS・ソニー(当時)の信濃町スタジオで歌詞を書いている時に、たまたま米米CLUBのカールスモーキー石井さんたちが近くでワイワイしていたので、“今、私、詞を書いているからちょっと黙ってて!”って怒ったらしいんです。先日カールスモーキーさんにお会いした時に言われたんですけど、でも私、全然覚えてなかったです」と明かして、土橋、高橋を含む会場が爆笑に包まれた。

スペシャルトーク後にはメンバー3人が客席に向かい、詰めかけたファンと一緒に「フレンズ!」のかけ声で記念撮影。「ファンもレベッカもみんなで成長しましたね(笑)!」(NOKKO)。32年前のクリスマスと同じようにファンにとっても忘れられない日となったようだ。

7月26日(水)には、本プレミア上映の映像を含む2枚組コンプリート版DVD『REBECCA LIVE ’85-’86 -Maybe Tomorrow & Secret Gig Complete Edition』も発売される。

詳細はotonano内レベッカ特設サイトをご覧ください。http://www.110107.com/s/oto/page/rebecca_85-86

■REBECCA LIVE ’85-’86 -Maybe Tomorrow & Secret Gig Complete Edition
・発売日:2017年7月26日
・価格・品番:DVD2枚組 ¥6,000+税
DISC1|収録映像①|「1985.12.25 REBECCA WORLD CONCERT TOUR ~Maybe Tomorrow in 渋谷公会堂」
DISC2|収録映像②|1986.11.1早稲田大学シークレットギグ「REBECCA SPECIAL LOVE LETTER」
※1986年11月に早稲田大学で行なわれたシークレットギグを全編収録。
※DISC1は、6/25(日)に行なわれたプレミア上映と同内容です。
1985年10月に発売された稀代の名曲「フレンズ」、同1985年11月にREBECCAにとって初のアルバムチャート1位を獲得したJ-POP史における金字塔となる名盤『REBECCA IV~Maybe Tomorrow』を発売。アルバム発売後の11月28日から始まった「REBECCA WORLD CONCERT TOUR ~Maybe Tomorrow」のハイライトともなる渋谷公会堂のパフォーマンスを全18曲ノーカットで完全収録した本作は、まさしく大ブレイクの瞬間をとらえた貴重なライブ映像。
【収録曲】

1「HOT SPICE」
2「76th STAR」
3「蜃気楼」
4「ヴァージニティ」
5「LONDON BOY」
6「ステファニー」
7「COTTON TIME」
8「フレンズ」
9「MAYBE TOMORROW」
10「WILD EYES」
11「ボトムライン」
12「ガールズ ブラボー!」
13「プライベイト・ヒロイン」
14「ラブパッション」
15「フリーウェイ シンフォニー」
16「ラブイズCASH」
17「フレンズ」
18「瞳を閉じて」

■REBECCA IV ~Maybe Tomorrow~(アナログ復刻盤)
・発売日:2017年7月26日
・価格:4,500+税
・品番:MHJL-17
1985年11月1日発売のREBECCAの代表作(4th)。
レベッカにとって初のアルバムチャート1位を獲得し、大ブレイクを果たした代表作であり、J-POP史において金字塔となった名盤を数量限定アナログレコード化。今作はGOH HOTODA氏によるリマスター、カッティングエンジニアに、バーニー・グランドマン氏、USAプレス盤にて発売。

■REBECCA LIVE TOUR 2017
2015年夏、20年振りの再結成LIVEを開催したレベッカ。過去の焼き直しではない、いま、現在を熱く燃やし、未来さえも夢見させてくれる圧倒的なステージに、多くの観客が熱狂した。そして2017年、28年振りのライブツアーを開催する。

・7/25(火)、26(水) 大阪フェスティバルホール
・8/15(火)、16(水) 中野サンプラザホール
・8/18(金)、19(土) 愛知県体育館
・8/26(土)仙台サンプラザホール
・8/31(木)、9/1(金) 日本武道館
チケット:\9,800(税込) 6/24(土):一般発売開始

【実施概要】
≪タイトル≫ 劇場版「REBECCA LIVE’85 Maybe Tomorrow Complete」一夜限定プレミア上映!
企画・主催:ソニー・ミュージックダイレクト  配給: ライブ・ビューイング・ジャパン
Ⓒ2017 Ki/oon Music . All rights reserved.
≪日  時≫ 2017年6月25日(日)16:00開演 (※新宿バルト9のみ15:30開演)
≪映画館≫
1.北海道 札幌シネマフロンティア
2.宮城県 MOVIX仙台
3.東京都 新宿バルト9
4.東京都 T・ジョイ PRINCE 品川
5.東京都 109シネマズ二子玉川
6.神奈川県 横浜ブルク13
7.千葉県 シネプレックス幕張
8.千葉県 MOVIX柏の葉
9.埼玉県 ユナイテッド・シネマ浦和
10.茨城県 シネプレックス水戸
11.新潟県 ユナイテッド・シネマ新潟
12.静岡県 MOVIX清水
13.愛知県 ミッドランドスクエア シネマ
14.大阪府 梅田ブルク7
15.大阪府 なんばパークスシネマ
16.京都府 MOVIX京都
17.兵庫県 OSシネマズミント神戸
18.広島県 広島バルト11
19.福岡県 T・ジョイ博多

【レベッカプロフィール】
1984年、メジャーデビュー。紅一点NOKKOのキュートでパワフルなボーカルやファッションが話題を呼び1985年に大ブレイク。4枚目のシングル「フレンズ」が大ヒット。アルバム『REBECCA IV~Maybe Tomorrow』もミリオンヒットに。人気絶頂の中、1991年突然の解散。解散までにアルバム11枚をリリースし、計700万枚を売り上げた。1995年、阪神淡路大震災の復興のため5月26日、28日に2日間限りのライブを横浜アリーナで行なう。 2015年、デビュー日である4月21日に、20年振りの再結成ライブ 「Yesterday, Today, Maybe Tomorrow」 を電撃発表。豊洲PIT[7月28日※Preview Live]、横浜アリーナ[8月12日,13日]、さいたまスーパーアリーナ [11月29日※追加公演]で開催し、全公演完売。夏フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、「RISING SUN ROCK FESTIVAL」にも出演し、大きな話題となった。さらに、28年振りとなるライブツアーの開催も発表され、ますますその人気を高めているレベッカ。ファンを公言するアーティストも多く、現在も多数のフォロワーを生み続けている。

photo by 山本佳代子

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=57510