ジェットスター・ジャパンは、映画『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日(祝・金)公開)とコラボレーションし、「この夏、“スパイダージェット”でハッピーな旅 !!」と題し、6月21日(水)、世界で初めてスパイダーマンが描かれた特別塗装機“スパイダージェット”の運航を開始いたします。この運航開始を記念し、初便フライト記念イベントを実施いたしました。

蜘蛛の糸を武器に網を張り巡らせ、街の平和を守る等身大のヒーロー、スパイダーマンと、もっと気軽で楽しい旅を応援する国内LCC最大の路線網を持つジェットスター。身近なヒーローである両者がタッグを組み、この夏、大切な人に会いに行く人や、ハッピーな旅へ飛び立つ人たちを応援したいという思いからコラボレーションが実現し、空の隣人“スパイダージェット”が完成しました。

バイきんぐ西村さんがMCに挑戦した本イベントには、はるばるやって来た公式スパイダーマンと、スパイダーマンの新作映画にも登場するアイアンマンをはじめとしたアベンジャーズが“スパイダージェット”の初便フライトを祝うために駆けつけました。

バイきんぐ西村さんの司会進行でプログラムが進むと、微動だにせず、固まったままステージ上にいる怪しげなアイアンマン。「怪しくない?このアイアンマン」と西村さんがマスクを取っ払うと、西村さんの相方の小峠さんがシークレットで登場!何も知らない公認スパイダーマンとアベンジャーズ、搭乗客の方々もびっくりした様子でした。小峠さんは「暑いんだ!関節動かないし、もうストレスだよ。しかも案の定セキュリティで引っかかったよ、ピンポンて」とコメントし、会場は驚きと、笑いに包まれました。そして40名の招待されたコスプレスパイダーマンたちと、公式スパイダーマンは、スパイダーマンだらけな“スパイダージェット”初便へいよいよ搭乗。公式スパイダーマンが機内へ搭乗していく姿を、仲間であるアイアンマン姿の小峠さん、西村さん、アベンジャーズが地上から送り出しました。

★全身アイアンマンでバイきんぐ小峠さんがシークレット登場!
バイきんぐ西村さんと司会から紹介されたスパイダーマンとアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ブラック・ウィドウ、ソーのアベンジャーズ仲間たちが登場しました。するとやけに動きのゆっくりな、微動だにしないアイアンマンが…。「怪しくないですか?このアイアンマン」と怪しぶる西村さんと司会者に、全身本物さながらのアイアンマンが顔のマスクをアンベール!するとコスチュームから顔を出したのは汗だくなバイきんぐ小峠さん。これには何も知らないアベンジャーズと公認スパイダーマンや搭乗を待つ人たちは驚き、同時にやっぱりという表情も見せていました。「暑いんだよこれ、関節動かねーし、ストレスでしかない。あまりに動けないから遅れるんでって台車に乗せられて連れてこられたよ」とたじたじな小峠さんでした。

★バイきんぐ小峠さんアイアンマンとなって公式スパイダーマンと共演!
アイアンマンスーツはなんと250万円?!でもしんどかった
また小峠さんはすかさず「セキュリティゲートで金属探知機を通ったら、ピンポンて鳴りましたよ。アイアンマンですから!その後信じられないのが、職員の方が僕のボディチェックを始めたんですよ!」と、群衆に笑いを起こしていました。司会者から、このアイアンマンスーツが250万円もすると聞かされると、「成田⇔関空が片道運賃3,990円からだから、このスパイダージェットで300往復以上できちゃうってこと?!」と焦りながらも、旅のお得感にも驚いている様子でした。

★今一番行きたい場所は、「北海道」に「沖縄」と真逆の答え!
理由はアイアンマンスーツが暑すぎて?!
“スパイダージェット”で行きたい就航地はありますか?という質問に、小峠さんは「北海道とか行ってみたいですね」と回答。理由は、「涼しいしから」と、スーツで暑い状況から思いついたようでした。西村さんは「沖縄へ行ってキャンプとかしたい」と願望を語っていました。最後に一言、“スパイダージェット”初便フライトについて、「スパイダーマンの画が描かれていてかっこ良いですね。コスプレーヤーが大勢乗ると聞いて、盛り上がりそうですよね~。こういう面白い飛行機“スパイダージェット”は僕も乗ってみたいです」とスパイダーマンを羨ましそうな小峠さんに、上機嫌なスパイダーマンでした。

★スパイダーマンだらけな“スパイダージェット”へ乗り込むスパイダーマンをお見送り
40名ものコスプレスパイダーマンたちが乗る“スパイダージェット”で共に関西へ飛び立つスパイダーマンをお見送りするため、アベンジャーズのメンバーが地上へ集合しました。スパイダーマンが飛行機のタラップを上っていく姿を、仲間であるアベンジャーズやバイきんぐ小峠さんと西村さんたちが手を振りながらお見送りし、スパイダーマンは40名のコスプレスパイダーマンたちの待つ機内へと搭乗していきました。

★スパイダーマンの飛行機“スパイダージェット”と公認スパイダーマンに、
コスプレスパイダーマンたちは大興奮!盛り上がる機内はテンションMAXに!
公式スパイダーマンが乗り込むと、コスプレスパイダーマンたちのテンションは最高潮に!機内上空では、ジェットスター×スパイダーマンのコラボ紙コップで、乾杯が行われました。また、機内抽選会も行われ、景品が当たった参加者は驚きながらも嬉しそうな様子でした。スパイダーマンだらけな夢の時間もあっという間、コスプレスパイダーマンたちは楽しいひとときをスパイダーマンと過ごし、関西空港へと降り立っていきました。

<囲み取材>
Q: “スパイダージェット”に乗っていきたい旅行先は?海外行ったら捕まりそうですね。
A: マニラとか行きたいですね。捕まったりはしないですよ!笑
Q: アイアンマンになれた感想は?最大限のかっこいいポーズでお願いします。
A: なかなかの重労働でしたね。全然動かなくて見た目よりだいぶしんどいです。

【ジェットスター・ジャパンについて】

「日本の空、世界の空を、もっと身近に。」をビジョンとして掲げ、2012年7月より東京(成田)、大阪(関西)、札幌(新千歳)、福岡、沖縄(那覇)に就航し日本国内線の運航を開始しました。その後、名古屋(中部)、大分、鹿児島、松山、高松、熊本へと国内の就航地を広げたのち、2015年2月の香港線の開設を皮切りに同年11月の台北線、2016年3月のマニラ線と国際路線網を拡充しています。また、2017年6月から日本のLCCとして初めて成田と上海(浦東)を結びます。現在、エアバスA320型機を21機保有し、日本国内最大のLCC※として国内外14都市、24路線で1日約100便を運航しています。
http://www.jetstar.com

※国内線路線数、便数(2017年5月現在)

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54041