直木賞作家・重松清の傑作原作を映画化し、8/26(土)より公開となる『幼な子われらに生まれ』が、この度6月17日~26日で開催される、上海国際映画祭・日本映画週間に出品され、女優の田中麗奈さん、三島有紀子監督がゲストで招かれました。6月17日(土)に実施された開幕式のレッドカーペットに登場されました。三島監督は、2年前に招待された「繕い裁つ人」以来の参加となります。

上海国際映画祭は、1993年に第一回が開催され、翌年94年より国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の長編映画祭となりました。毎年、多くの日本映画が招待されています。「幼な子われらに生まれ」は、6月18日(日)に日本映画週間オープニングセレモニーの直後に上映されることが決まっております。

6月17日(土)レッドカーペットレポート
6月17日から開催される上海国際映画祭映画祭の記念すべき開幕式のレッドカーペットに、『幼な子われらに生まれ』に出演する田中麗奈さんと三島有紀子監督が登場しました。登場するやいなや、二人を待ちわびていたかのような大きな歓声が沸き起こり、田中さんと三島監督は華麗にレッドカーペットを歩きました。
撮影中も二人三脚で、互いに信頼を深めていった二人。『幼な子われらに生まれ』を引っさげて、息の合った二人が上海の映画界を盛り上げた瞬間となりました。
上海国際映画祭での上映について田中さんは、「上海はとても好きな場所なので、映画祭でレッドカーペットを歩けてとても嬉しかったです。お客様の興奮した様子が伝わってきました。この映画が中国の方々の心に深く残れば嬉しいです。」と、観客の熱が伝わってきたと初めての上海国際映画祭に心を踊らせました。
今回2度目の参加となる三島監督は、「2年ぶりの上海国際映画祭のレッドカーペットを歩けて大変光栄です!上海は過去も未来も感じる素敵な街です。この映画がそんな上海の皆さまに届き、皆さまに育てて頂いて、やがて中国の皆さまの心に届けば嬉しいです!」と、本作の海外での反応に大きな期待を寄せました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=55225