この度、俳優 向井理が自ら企画し映像化を熱望した映画『いつまた、君と ~~』が6月24日(土)より全国公開されます。(配給:ショウゲート)本作品の原作は、向井理の祖母・芦村朋子の半生記を綴った「何日君再来」。向井理が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)をむかえた祖母へお祝いとしてプレゼントしたもの。この原作をもとに向井理自身が7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった意欲作。衣食住もままならない戦後の混乱期、夫・吾郎(向井理の祖父)と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる、壮大な愛の実話となっています。現代の朋子が書き綴った手記を、孫の理が1冊の本にまとめていく過程で、過去を振り返っていく回想形式によって語られていきます。キャストは、主演の芦村朋子役に尾野真千子。朋子の夫・芦村吾郎役に向井理、81歳となる現代の芦村朋子役に野際陽子、朋子の娘で理の母親である真美役に岸本加世子、朋子の父・忠役にイッセー尾形、朋子の孫・理役に、現役大学生で本作が本格的な俳優デビューとなる新人の成田偉心、吾郎の先輩で朋子と吾郎の恩人となる高杉幹夫を駿河太郎など。魅力的なキャストが勢揃いしました!さらに、女優・高畑充希が主題歌を担当し、朋子と吾郎を結ぶ“運命の愛の歌”となった昭和の大ヒット歌謡曲「何日君再来」を歌っています。

さて、6月14日(水)に原作となった手記「何日君再来」を朗読と音楽生演奏で構成した、「何日君再来」朗読音楽ライブを実施いたしました。映画の中で主人公の娘である“理”の母を演じた女優・岸本加世子と、“理”役を演じた新進 俳優・成田偉心による原作「何日君再来」の朗読。そして物語のキーとなり、手記の題名ともなった昭和の名曲「何日君再来(ホーリージュンザイライ)」をはじめとする劇中音楽を、ミュージカル「李香蘭」主演の笠松はる の歌唱や「未来古代楽団」による生演奏により再現。第二部では、映画の魅力や撮影裏話などのトークを語りました!

【日時】6月14日(水) イベント:16:30~17:00
【場所】千代田区立内幸町ホール(千代田区内幸町1−5−1)
【ご登壇者】岸本加世子、成田偉心、笠松はる、松岡美弥子(未来古代楽団/ピアノ演奏)、
吉田篤貴(ヴァイオリン演奏)、砂守岳央(未来古代楽団/トークライブ進行)

【イベントの内容】
岸本・成田が登場し映画本編にも登場する「パソコンで手記を打つ息子に過去を語る母」という重要なシーンを生朗読した。

=======<朗読内容>===================
理(成田):高杉さんのいる大阪に向かった…。
真美(岸本):あれ?……あら、来てたの。
理(成田):うん、ばあちゃんが退院するまでに仕上げようと思ってさ……出来たら母さんにも見せるから。今、大阪引越ししたあたり、まとめてるんだけど……母さん、最初から大阪住んでたら、茨城とか福島で苦労する事なんてなかったんじゃないの?
真美(岸本):戦争が終わってからしばらくは、制限が厳しくて、大都市に転入できなかったのよ。
理(成田):へーえ、そんな事あったんだ。ねぇ、大阪の思い出、なんかない?面白い話あったら、書き足しておくからさ。
真美(岸本):ない。
理(成田):えー、なんかあるだろう?何して遊んだとかさ。
真美(岸本):なにもない。楽しい思い出なんて・・・ただ、貧乏だっただけよ。
理(成田):……。
真美(岸本):そして、お母ちゃんは私を捨てた……
=================================

朗読が終了し笠松が登場、岸本、成田とともにトークを披露。
朗読を終えた感想を尋ねると、岸本は「懐かしいですね。」と語り、「こんなに大勢の人の前でやるのは、経験がないので緊張しました」と成田は緊張した様子をみせた。
映画の役どころの説明に入ると、岸本は「ポスターでいうと私は尾野さんが抱っこしている赤ちゃんの役にあたるんです。大人になったのが私。兄弟が3人いて、私が演じた幼い真美だけ祖父母の家に預けられるんです。それで幼かった真美は大人になってからも母に捨てられたと思っている役なんです。」と自身の役どころを説明。
一方、向井理にあたる“理役”を演じた成田は「向井さんのおじいさんとおばあさんのお話なんですけれど、向井さんが本当のおじいさん役で僕が向井さんの役を演じたのでとても緊張しました。向井さん自身の役を演じられるか不安だったんですけど、「成田の思うようにやって」と向井さんに言っていただいたので思うようにやらせてもらいました。」と先輩向井理からアドバイスをもらったエピソードを披露。すると岸本は「病室から入ってくるシーンとか向井さんに見えましたよ!向井さんって清潔感があってなんともいえないオーラがありますけど、成田さんにも同じようなオーラがありましたよ!」と新人俳優成田偉心を絶賛した!

今回のイベントでストーリーテラーと歌唱を務めた笠松に映画を見た感想を聞くと「本当にあった、いらした方の実際の話なんですがドラマチックでロマンチックな出来事がたくさんあって。あの時代を生きた人にはいろんなドラマがあったんだなと感じました。家族の温かい愛を感じてとても温かい気持ちになりました。」と語った。
本作に関連し昭和という時代について、平成生まれの成田に伺うと「家族の距離感が昭和の方が近いなと思いました。」と語り、続けて昭和に生まれてみたいという気持ちはあるかと聞かれると「なんとも言えないですけど…(笑)」と素直な気持ちを表し会場を沸かせた。
岸本が撮影現場のエピソードで「成田君は知らなくて当然なんですけど、「昭和の言葉クイズ」をしていたんです。「えもんかけ(ハンガー)」を知らなくてジェネレーションギャップを感じました(笑)」と、楽しい撮影現場のエピソードを披露。さらに「映画では、私たちは現代パートの役なので、過去パートの向井さんには現場では会っていないんですが、実話がもつすごい力を感じました。撮影現場では会わなかったのですが、向井さんの気合いの入りようがとにかくすごかったんです。」と企画をした向井理の意気込みを代弁するかのように熱く語った。
本作は向井理が大学生の頃に祖母の手記を親族とともに自費出版されたことにちなみ、現在大学生の成田は「当時の向井さんは21歳で、ちょうど今の僕と同年代でおばあさんの手記を自費出版するなんてとても素敵なことだなと思いました。僕にはできるかわからないです。」と当時大学生の向井を褒め称えた。

朗読と普段の芝居との違いについて聞くと、岸本は「とにかく一生懸命読み上げました。」と語り、成田は「お芝居だと身振り手振りを使って芝居をするので、なかなか声だけで伝える機会がないんです。リハーサルの時は緊張しなかったのですが、やっぱりお客様を目の前にすると緊張して一言目が出てこなかったんです。実際読んでいて、言葉にするのが難しいなと思いました。」と今回の朗読について苦労した思いを告白した。
最後にこれから観るお客さんへメッセージを聞かれると、成田は「家族というのを考えさせられたなと思います。昭和と平成では家族の形はちがうと思うので、ぜひ家族で見に来てほしいです。」と語り、岸本は「貧しくて何もない時代に、戦後の混乱期日本人はこんなに美しく力強く生き抜いたんだなと思いましたし、真実の愛があれば幸せに生きられるんだなと思いました!心が洗われる映画なのでぜひ見てください。本日はありがとうございました!」と締めくくった。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=56022