この度、俳優 向井理が自ら企画し映像化を熱望した映画『いつまた、君と ~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』が6月24日(土)より全国公開されます。(配給:ショウゲート)

本作品の原作は、向井理の祖母・芦村朋子の半生記を綴った「何日君再来」。向井理が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)をむかえた祖母へお祝いとしてプレゼントしたもの。この原作をもとに向井理自身が7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった意欲作。

衣食住もままならない戦後の混乱期、夫・吾郎(向井理の祖父)と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる、壮大な愛の実話となっています。現代の朋子が書き綴った手記を、孫の理が1冊の本にまとめていく過程で、過去を振り返っていく回想形式によって語られていきます。

キャストは、主演の芦村朋子役に尾野真千子。朋子の夫・芦村吾郎役に向井理、81歳となる現代の芦村朋子役に野際陽子、朋子の娘で理の母親である真美役に岸本加世子、朋子の父・忠役にイッセー尾形、朋子の孫・理役に、現役大学生で本作が本格的な俳優デビューとなる新人の成田偉心、吾郎の先輩で朋子と吾郎の恩人となる高杉幹夫を駿河太郎など。魅力的なキャストが勢揃いしました!さらに、女優・高畑充希が主題歌を担当し、朋子と吾郎を結ぶ“運命の愛の歌”となった昭和の大ヒット歌謡曲「何日君再来」を歌っています。

さて、本日6月13日(火)、愛する人へ送る<ラブレターコンテスト>表彰式を実施しました。本作の原作自体が、朋子から吾郎に宛てたラブレターになっていることや、劇中にも吾郎から朋子や子供達に宛てた愛のある手紙が登場することから、朝日新聞社協力により、夫婦・親子・兄弟姉妹・祖父母・孫など愛する人へ送るラブレターの一般募集を行いました。応募者の中から、向井理と脚本の山本むつみが最も気に入ったラブレターをそれぞれ発表、紹介し表彰式を行いました。家族への深い愛が伝わる手紙ばかりで、場内からはすすり泣きも聞こえました。

【日時】6月13日(火)イベント18:30~19:00(30分)
【場所】スペースFS汐留(港区東新橋1-1-16 汐留FSビル3F)
【ご登壇者】向井 理、山本むつみ(脚本)、宮崎伸夫(朝日新聞社総合プロデュース室長)

600通を超える応募があった<ラブレターコンテスト>。選考をくぐり抜け150名の人たちが会場に集まりました。
イベントが始まると企画・出演の向井理、脚本の山本むつみが温かな拍手で迎えられました。
まずは、登壇した向井理が「本日は雨の中、お越しいただきましてありがとうございます。昨年2月頃に映画を撮っていて、そこで宣伝部の方と『ラブレターにちなんだイベントをやりたいね』という話をしてました。『この映画はきっと朋子さんが吾郎さんに向けた最大のラブレターなんじゃないか』という話を現場でしていたんです。それでこういう企画を、たくさんの人に支えていただいて実現することが出来ました。今日は映画の上映もあるので、楽しんでいってください。」、続いて山本より「みなさんとってもたくさんの素敵なラブレターをいただきまして、本当にありがとうございました。今日は最後まで楽しんでいってください。」とご挨拶。その後本コンテストを主催した朝日新聞より宮崎伸夫 朝日新聞社総合プロデュース室長も参加し、さっそくラブレターの表彰式へ。

【第一三共ヘルスケア賞】の発表
プレゼンターの宮崎から、大場宏子さんの「」というラブレターが読み上げられた。宮崎は、「戦時中、もしくは戦後の体験のもとにしたラブレターを多くいただいたのですが、このラブレターは最もその情景がクリアに浮かぶ、また“親子とは”“家族とは”、それから“戦争と平和とは”こういったことを深く考えさせられるラブレターでしたので、選ばせていただきました。」と選考のポイントを語った。そして受賞者の大場宏子さんが登壇、「いつも、母のことを忘れたことはありません。(質問を受けて)兄の奥さんにラブレターの内容を話したら、『その話耳タコができるほど聞いたわよ』と言われました(笑)こんなに立派な賞をいただいて、とっても嬉しく、感謝しております。ありがとうございます。」と喜びのスピーチしたあとに、手紙を聞いていた向井は「映画の中では引き揚げ船のシーンなんかもあるんですけど、
本当にすごく大変な思いをしていて、魚雷がまだ残ってて沈没する危険性がある中で日本に着くがどうかも分からない混乱の中で引き揚げてきたと聞いていました。このお手紙を拝読して、自分の祖父母も同じような体験をしたんだなと思うと感慨深いものがありました。」とコメントをせ、山本は「朋子さんと重なるなと感じました。
何歳になっても母親って恋しいものだなと凄く共感しました。素敵なラブレターでした。」と語った。

【優秀賞】の発表
プレゼンターの山本から手紙が発表され、受賞者の白田恵さんが登壇。山本は、「このお手紙は読むたびに涙が出てきます。
朋子さんが吾郎さんを表した言葉に『そばにいてくれるだけで満たされる人』があります。この手紙のお父さんもそんな存在なんだなと感じました。とっても素晴らしい手紙でした!」と語り、白田さんは「ただただ大好きな父ですが、なかなか言葉にできない中でこういう機会があったので、お手紙を書きました。昨日病床の父の前で手紙を読んだところ、とても嬉しそうな顔をしてくれました。今日はありがとうございます。」と語った。向井は「手紙に優劣はないですけど、愛情が凄く伝わってきて、また親子の関係性が伝わってくる、とても素敵な手紙でした。」と感想を述べた。

【最優秀賞】の発表
プレゼンターの向井から手紙が読み上げられると、場内はそれまで以上に感動ムード。受賞者の高橋誉史信(よしのぶ)さんが登壇すると、「親父は80歳から認知症になって、本人も大変だったんでしょうけど、介護する家族もとっても大変でした。でも、(認知症に)なったら、もうしょうがない!お願い!という気持ちで書きました。」と語った。向井は、この手紙を選んだポイントとして「文面が、奥さんに語り掛けるように書かれていて、それだけで情景が浮かぶようなお手紙でした。好きとか愛してるという言葉はないですが、お互いに思い合っている夫婦で、お二人の姿が浮かぶ素敵なラブレターだと思い、こちらを選びました。」と語った。

感動冷めやらぬまま表彰式は一旦終了し、MCとの質疑応答パートへ。

まずは今回たくさんの応募があり、選ばれなかったラブレターにもいいものがたくさんあったそう。
向井は「(本作の主題歌であり原作のタイトルでもある)“何日君再来”がでてくる手紙もあり、とても悩みました。形として手記や手紙を残すというのはとても大事なことだなと思いました。」、山本は「時に電車の中で読んで泣きそうになったりしながら、何日もかけて読みました。」と語った。

また、劇中に吾郎から朋子に手紙を送るシーンが登場すること、敢えてこのシーンを脚本に入れたことについて、山本は「手紙のシーンはこの映画の肝。夫婦が築いた年月が凝縮されるシーン、吾郎の思いを込めたシーンで、大事にしたかったんです。手記をもとに脚本を書いていきましたが、手紙のシーンは自分で読んでいても泣いちゃいました。」と手紙のシーンに強いこだわりがあったことを話した。
これを受け、向井は「実は、尾野さんは本番の前まで白紙でテストを行い、本番だけ本物の直筆の手紙を観て演技したそうですが、泣きすぎて撮影がストップするほどだったそうです」と撮影秘話を披露。

また、「手紙」に関する質問も飛び出し、これまでにもらった手紙のエピソードとして、向井は「以前に番組のロケで伺ったある農家の方とは、ずっと文通を続けています。また、あるドラマの撮影では女性のAP(アシスタントプロデューサー)さんから手紙をいただいたことも。また一緒にお仕事しましょうと書かれていましたが、お互いの目標にもなるし、頑張れるなと思いました。」、山本は「実家の北海道の母から小包とともに手紙が送られてくるんですけど、手紙は、例えばメモ紙程度に書かれたものでも捨てられないですね。」と回答。

最後に、向井は「ありがとうございました。今日のイベントはドキドキしていましたが、とても温かいイベントになりました。映画を象徴するイベントになったなと思います。すべての人に見ていただきたい映画が出来ました。今日は本当にありがとうございました。」と熱い感謝の言葉を伝え、舞台挨拶を締めくくった。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=56022