藤原竜也・伊藤英明 W 主演にして初共演となる新感覚サスペンスエンターテインメント大作『22 年目の告白―私が殺人犯です―』が 6 月 10 日(土)より全国公開となる。時効を迎えた美しき殺人犯・曾根崎雅人を藤原竜也が演じ、曾根崎が犯した22年前の事件で全てを失った刑事・牧村を伊藤英明が演じている。藤原竜也が新たな“クズ”を演じることでも話題となっているが、4月30日(日)に千葉・幕張メッセで行われたニコニコ超会議に藤原竜也軍団が緊急参戦!「大好きな藤原竜也さんの新作を勝手に PR しにきました!」と言ってはばからない彼らは“悪魔的な脱出ゲーム”や“狂ってやがる競馬ゲーム”など「圧゛倒゛的゛告゛白゛」をしながら場内の至る所に出没し会場を沸かせていた。

まず藤原軍団が現れたのは「超リアル脱出ゲーム」のブースだ。
藤原竜也と言えば『バトルロワイヤル』で殺し合いながら無人島からの脱出、『カイジ 人生逆転ゲーム』では借金を返すため地下帝国の強制労働施設からの脱出など、もはや脱出のプロと言える。・・・ならば藤原竜也軍団も、脱出しないわけにはいかない!!と洋式便所の中で謎解きをしながら10分で脱出する悪魔的ゲームに挑戦。軍団のうち 2 名の藤原竜也がゲームに参加、残りの藤原竜也が見守る中でゲーム開始。「ここはどこだ・・・ここから出してくれよー!!!」
「もう地下室に閉じ込められるのはゴメンだ・・・!」とカイジを演じる藤原竜也を彷彿とさせるような叫びっぷり!トイレ内にある便器の周りをさぐっていると、「・・・この便器、キンキンに冷えてやがるよー!!」とカイジネタをたたみかける。

さらには、もう一人の藤原竜也が横の戸棚から何かを発見。「・・・これ、デスノートじゃないか!!?!?」と、まさかの脱出ゲーム内のセット内でデスノート(?!)を見つけると、そのあまりの“藤原竜也”っぷりに、思わず司会者も「みなさん、藤原竜也さんが脱出ゲームに挑戦中です!」と間違えて、会場がざわめくハプニングも。

制限時間が迫る中、「石田さん、教えてくれよ、石田さん・・・!」と再びカイジが以前命を救った仲間の名前をさけびながらヒントを求めると、おもむろにペンが差し入れされる。「ヒントが欲しければ本にサインをしてください。」といわれて、藤原がサインしようとしたところ、インクが出ない!「イ、インクがでねぇよ・・・図ったな、トネガワ!!」とカイジの敵役、利根川幸雄を恨みながら絶叫したところで残念ながらゲームは終了。クリアにはならなかった。ゲームを終えた 2 人の藤原は「圧倒的脱出失敗!!!!」「オレ達は、負け組のままなのか・・・!!」と悔しさをにじませた。

いくつかのブースを回りながら続いて訪れたのは、「リアルダビスタ」のブース。言わずとしれた超人気競馬ゲームだが、このブースではロデオにまたがり走った距離を競う、まさに“狂ってやがる”ゲームに参戦。『カイジ 人生逆転ゲーム』ではいくつものギャンブルに果敢に挑戦していたことでおなじみで、実はご本人も競馬好きを公言していることもあり、軍団ならば、このゲームに挑戦しいないわけにはいかない!!と、代表して一人の藤原が参加。ゲームが始まるというところで突然、ブースを見学していたお客さんに向かって「お前ら、このペリカをやるから、オレ達にかけてくれ!!」となんとポケットに隠し持っていたペリカ(※)をばらまく買収行為に出た!お客さんもわれ先にペリカをつかみ、会場のハートもすっかりつかんだところでゲーム開始。(※ペリカ=『カイジ~』に出てくる仮想の貨幣)必死にロデオを動かす藤原に、他の藤原もアツい声援を送る。「ここで勝って、このクソみたいな人生をやり直すんだよ・・・!」と叱咤したかいがあったのか、無事に走行距離 1500 メートルの大台に乗せてゲーム終了。ネット住民からは「こいつら尺も取ったけど、意外と距離稼いだな」とまずまずの反応で、脱出ゲームでの汚名を見事に返上してみせた。

さらに勢いがとどまることを知らない藤原竜也軍団が現れたのは、“圧倒的カレー試食”のブースだ。ネットで生放送を見ている視聴者から差し入れとして、豪華なお肉やなんと松茸まで入った超巨大なカレーを前に軍団は「悪魔的カレーだ!!キンキンに冷えてやがるビールをくれぇぇぇぇ」など大盛り上がり。
「このペリカをやるから・・・カレーを・・・カレーをくれ・・・!!」と柵を牢獄に見立ててここでも絶叫!先日、ドラマ「リバース」の公式インスタグラムに載せた藤原竜也さんと小池撤平さんがカレーを食べている投稿がネット上をにぎわせてからわずか 2日ということもあって、「深瀬と同じカレーなのか…?!」と偶然のカレー被りに気付いた軍団のテンションも上がる。スタッフに藤原竜也さん本人の好物にちなみ、「柿ピーを・・・柿ピーを入れてくれないか・・・!!!」と懇願するも、一般ユーザーからは差し入れされなかったり、一人の藤原のカレーに松茸が入っているのを見つけると、軍団内で取り合いになる一幕も。実際に試食すると「なんてうまいカレーなんだ!!ありがてぇ。」と全員完食。同日の合計ビューワー数 70000 以上を誇る超人気カレーに圧倒的な盛り上がりを見せた。
独自の殺しのルールを持ち、かつて5人もの命を奪った殺人犯・曾根崎雅人を藤原竜也が熱演する本作。曾根崎は自分が犯した殺人事件の真相を綴った告白本を出版し世間を挑発し、美しい容姿とカリスマ性から日本中で“曾根崎ブーム”を巻き起こしていく。藤原竜也・伊藤英明の初共演となる新感覚サスペンスエンターテインメント大作『22 年目の告白―私が殺人犯です―』は6月10日(土)より全国公開。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54695