数々の危機を救ってきた“アベンジャーズ”が、政府組織の管理下に置かれることを巡り、アイアンマンとキャプテン・アメリカは激しく対立。テロ事件の犯人として、キャプテン・アメリカの旧友が指名手配されたのを機に、最強チーム“アベンジャーズ”はついに分裂する。かつての親友か、未来を共にする仲間か━━友情によって引き裂かれた彼らの戦いの行方は?世界を揺るがす“禁断の戦い”を描く衝撃のアクション・エンターテイメント『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。(日本公開:4月29日(金))
本作の公開を記念し、渋谷の「JINNAN CAFE」にマーベルコミックスの人気ヒーローたちとコラボしたカフェ第4弾「マーベル・カフェ」が限定オープン!そのオープニングを祝うゲストとして、本作でも引き続きホークアイの声優を務める宮迫博之さんとファルコンの声優を務める溝端淳平さんが登壇し、友情をめぐり二つに引き裂かれてしまう“禁断の戦い<シビル・ウォー>”に寄せるお2人の “男同士の熱い友情トーク”を繰り広げました。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』公開記念マーベル・カフェ オープニングイベント
日程:3月31日(木)  
会場:JINNAN CAFE(東京都渋谷区神南1丁目175 クーラビルB1F)
登場ゲスト:登場ゲスト:宮迫博之(46)<ホークアイ役>、溝端淳平(26)<ファルコン役>

「アベンジャーズ」、「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」と、世界各国の映画記録を次々と塗り替え続けるマーベル・スタジオの最新作!友情によって引き裂かれた最強チーム“アベンジャーズ”の、 “禁断の戦いを描いた話題の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。そんな本作の公開を記念した「マーベル・カフェ」のオープニングイベントに地上最強の射手・ホークアイ役の宮迫博之さんと、キャプテン・アメリカと強い信頼と友情でつながった相棒・ファルコン役の溝端淳平さんが登場した。「マーベル・カフェ」の名の通り、まさに”マーベル一色“ともいえる店内装飾に、大の“マーベル”好きで知られる溝端さんは「自分自身がファンなので、オリジナルメニューがあったり、等身大のアイアンマンもあったりこういった場所があるのは本当に興奮します」と熱く感想を語った。ヒーロー達をイメージしたスペシャルメニューも今回のマーベル・カフェで登場するということで、その内「スッパイダーマンサラダ」、「シビレル・ウォー!ステーキ」をお迫さんが、「キャプテンアメリカンリゾットカレー」、「アイアンマンゴーパフェ」を溝端さんが実食し、その感想を宮迫さんは、「(ネーミングについて)大人の方が一生懸命考えていただいたようで(笑)マーベル・カフェというの関係なく、レベルの高い料理にびっくりしました。普通に料理として楽しんでしまいました。」と、ネーミング、見た目、味の3拍子で楽しめるオリジナルメニューを大絶賛!
  これまで仲間だったアベンジャーズメンバーがチームに分かれて戦う“禁断の戦い”がテーマの本作。今作で再びマーベルの世界に参加することについて「前回の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で引退すると思っていたので、再び出演させていただいて本当に良かった、という気持ちです。」(宮迫さん)「マーベルが元々好きだったので、キャプテン・アメリカの相棒ファルコンを演じれて本当にうれしいです。前回はアクションシーンなどがなかったので、今回はきちんと相棒として活躍する、かっこよくなっていくファルコンの姿をみてほしいです。(今回は日本での公開が4月29日ということで、)アメリカよりも早い公開ということで日本で一足早く見れるのが嬉しいです。是非ゆくゆくは日本でもロケをしてほしいです!」と期待と興奮を膨らませながら語った2人。演じるホークアイ、ファルコンは先日行われたプレゼンテーションにて、「チーム・キャプテン・アメリカ」に所属することが発表されており、アイアンマンや、ブラック・ウィドウ、そして先日チーム入りが発表され話題を呼んだスパイダーマンも所属する「チーム・アイアンマン」と戦うことについて宮迫さんは、「スパイダーマンは前から大好きだったので、アイアンマンチームに入ると聞いて悔しかったです。キャプテンチームは普通の人間が努力をしているんです!超人なんかに負けない!アイアンマンなんかに負けない!」と友情によって引き裂かれるヒーローたちの視点から想いを語り、チーム キャプテン・アメリカ の勝利宣言をした!!
 最後に実はこの日が46歳の誕生日という宮迫さんのバースデーケーキがサプライズで登場!宮迫さんは突然のサプライズに驚きながらも「こんなアイドルみたいなサプライズ初めてです。(笑)まだ嫁にも祝ってもらってないのに(笑)チームの仲間の溝端君に祝ってもらって嬉しいです!」と喜びを語り、チームの結束力を誓い、和やかにイベントは終了した。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=53021