結成25周年を迎えてもなお、その唯一無二の圧倒的なパフォーマンスが支持され続けている電気グルーヴにとって初となるドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? −石野卓球とピエール瀧−』が大ヒット上映中です。去る12月28日(月)、公開を記念して元メンバーで本作品の出演者でもある砂原良徳と大根仁監督によるトークイベントを行いました。

『DENKI GROOVE THE MOVIE?−石野卓球とピエール瀧−』公開記念トークイベント
 ■日程:12月28日(月)
 ■場所:新宿バルト9(新宿区新宿3丁目1-26新宿三丁目イーストビル)
 ■登壇者:砂原良徳、大根仁監督

 電気グルーヴを脱退してからも度々活動に関わってきた砂原さんは、本編に収録されているFUJI ROCK FESTIVAL’14のライブシーンでは音楽のミックスを手がけ作品自体にもスーパーバイザーとして参加しており、大根監督も「はじめにこの映画のざっくりとした構成を考えたときに、まりんさんの脱退のくだりはひとつの山場になるだろうと思っていた。重要な証言をいただいて助かりました。」と明かすように、『DENKI GROOVE THE MOVIE? −石野卓球とピエール瀧−』キーマンのひとり。

一方で「周りにいるひとが作品に口出しして、その人の特別な思いが映画に入っちゃうのはよくないと思った」と語る砂原さんは、「正直、こんなにたくさんコメントが使われていると思わなかった。」と続け、「“ちょっと僕のシーン多くないですか?”って言おうと思ったけど、僕も当事者というかバンドに関わったひとりなので作品に口を出してしまうとバイアスがかかっちゃうと思ったので(口出しするのを)止めました(笑)。」と会場を笑わせました。

 最後に砂原さんは「電気グルーヴは、何か起こる度にとにかく素材に残そうとするバンドなので山のように溜まったゴミみたいな素材をみなさんにお見せできるように有効活用していただいて楽しんでもらったというのが良かった(笑)。」と締めくくりました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54106