<行定勲監督が登場!>

MC:(行定監督へ)小説「ピンクとグレー」を初めて読んだ時の感想をお聞かせください。

行定監督:小説は元々知っていたんですが、映画のお話をいただいて読んだんですね。
あっという間に読み終えてしまったし、構成力があって映像向きでうまいと思いましたね。
それにストーリーに立体感があって独自性を感じました。

MC:加藤さん、監督がこのようにおっしゃっていますが、いかがですか?

加藤:同じ事務所の丸山(隆平)くんに紹介されて、初めてお会いした時は、
行定監督と丸山くんと僕の3人だったんですね。
実はその時、映画化される話を聞いた驚いたのですが、
監督からお話を伺った時「ピンクとグレー」をすごく愛してくださっていることが伝わってきて、
是非、お預けしようと思いましたし、監督が行定さんで良かったです!

MC:加藤さん、初めて映画を観たときはいかがでしたか?

加藤:正直、見たくないような複雑な気持ちでしたね。
でも出来上がった映像を見た時、ほっとしました。
不思議だなぁ思ったことがあったのですが、りばちゃんとごっちの
共同部屋の間取りが僕が想像していたものと同じで、
「そうそう、こういう感じ!」となりましたね。
それから、僕が書いた小説の中で「ピンクとグレー」が一番自己投影している
作品だからかもしれませんが、事務所後輩の中島くん演じるごっちが、
自分に見えるシーンが何度かあったんです。(笑)

MC:.(行定監督へ)加藤さんとは何か打ち合わせはされましたか?

行定監督:特にしていないですね。
でもごっちが自殺した時、6通の遺書を残すんですが、「何で6通なの?」とは聞きましたね。
そうしたら、「6通はなんだかミステリアスじゃないですか。」なんて言ってきて。(笑)
僕自身、あの6通というのは加藤くんの色々な想いが込められているのかなと想像しましたね。
そしてごっちからの残されるりばちゃんへの愛情なんじゃないかと思っていて、この設定は気に入っています。

学生:.「ピンクとグレー」では、芸能界入り、親友の死、などが人生のターニングポイントだと思います。
では加藤さん、行定監督の人生におけるターニングポイントはなんでしたか?

加藤:いくつかあるんですが、映画、本好きの友達と出会ったことですかね。
学生の頃からこの仕事をしているので、放課後一緒に遊びに行ったりするのが難しかったんですよね。
でも友達の1人に映画、本好きの友達がいて、よく話をしていたんです。
正直、映画や本の話をするのが好きじゃなかったんですが、でもある日、
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』という映画を強烈に勧めてきたので、観たんですね。
「こんな映画もあるんだな」と思って、いろんな映画を観るようになって、彼と映画や本の話をするのが好きになりました。
その友達はどんどん難しくて、専門的な本を読むようになって、僕自身も技術的な影響を受けて・・・
だからターニングポイントは、青山学院大学に入ったことですね!!(笑)

行定監督:僕は、子供の頃に映画撮影現場に行ったことですね。
熊本城で黒澤明監督が、『影武者』という映画を撮っていたんですが、
僕は、監督ではなく、甲冑に泥を塗っているスタッフに憧れたんです。
もし僕が黒澤監督に憧れていたら、きっと今ここにはいないでしょうね。(笑)

学生:加藤さんと行定監督は自分を白木蓮吾と河田大貴でいうならば、どちらのタイプになりますか?

加藤:よくモデルはいるんですかと聞かれますが、(小説を)書いている時は、
どっちも自分なのかなと思っていました。
でも小説は一人称で書かれているので、りばちゃんなのかなと。

行定監督:どっちでもないですね。
皆さんは、ピンクとグレーは対立しているものだと思うかもしれませんが、僕は、対で1つだと思っています。
寄り添い合っている関係というか。
色の視点からいうとピンクとグレーはとても相性が良いんです。
だから客観的に見るとごっちとりばちゃんの関係性は羨ましいですね。

学生:.(加藤さんへ)25歳までに小説を書くという夢を見事叶え、小説家としてNEWSとしてご活躍されています。
我らが青山学院大学のOBという立場から、就職活動など夢に向かって突き進んでいく学生たちに、
改めてメッセージをお願いいたします!

加藤:生きていくことは、とてつもなく大変でしんどいことだと思っています。
でも安定してしまったらきっとつまらなくなってしまう。
だから、思う存分めんどくさいことに挑戦して、スキルを身につけて頑張ってください!

MC:行定監督も是非、アドバイスをお願いいたします。

行定監督:大学に通う本当の意味がわかるのは、もしかしたら20年後になるかもしれません。
でも精一杯やりたいことをやってほしいです。そして頑張っている姿を見ていてくれる人はいると思います。
大変でも乗り越えてほしいですね!

<最後にメッセージ>

加藤:今日のように、学生の皆さんとコミュニケーションを取る機会はなかなかありません。
短い時間でしたが、とても楽しかったです。
今日の場が、皆さんにとって少しでも(人生の)参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました!

行定監督:僕は観客が映画を作ると思っています。
お客さんは受け手の立場だけでなく、世の中を変える存在です。
僕にとって『ピンクとグレー』は冒険でした。
今日のテーマは、世界を変える討論会ですよね。
映画も1つの世界だと思っています、だから皆さんの反響によって
(映画の)世界が変わると感じています。

                                                     以上

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=53478