結成25周年を迎えてもなお、その唯一無二の圧倒的なパフォーマンスが支持され続けている電気グルーヴにとって初となるドキュメンタリー映画『 DENKI GROOVE THE MOVIE? −石野卓球とピエール瀧−』が本日12月26日(土)より全国公開いたしました。

 本日、公開を記念して新宿バルト9にて石野卓球、ピエール瀧、大根仁監督による初日舞台挨拶を行いました。電気グルーヴが2人揃って舞台挨拶に立つのは、26年のキャリアにおいてもこれが初。満員のお客様から盛大な歓声と拍手で迎えられました。
 初のドキュメンタリー映画の公開を気恥ずかしいと話す石野卓球が客席に向かい「だって、みなさん映画になったことあります?」と呼びかけると笑いが起こり、続けてピエール瀧に「舞台挨拶っていつもこんな感じなの?」と訊ねると「全然違います!」とツッコミを受け会場はさらに大爆笑。トークでは大根仁監督セレクトの音楽集「DENKI GROOVE THE MOVIE? −THE MUSIC SELECTION−」にも触れ、「とても良い選曲だった。本当に監督がセレクトしたの!?」と冗談交じりに監督のセレクトセンスに太鼓判を押しました。
 そんな冗談ばかりの二人に向け大根監督は、「こんな(冗談ばかりの)感じですから、できれば電気グルーヴとは仕事したくなかったですけど(笑)。やるならちゃんとやろうと思っていました。」と、大根監督も二人の前では恐縮気味で制作期間を振り返りました。

また、本日12月26日は、石野卓球48回目の誕生日でもあり、会場のお客様から大きな花束が届けられるサプライズも。結成26周年を迎えた2人の、コンビネーションの良さが終始見られた舞台挨拶となり、会場は大いに盛り上がりました。 

 なお、『DENKI GROOVE THE MOVIE? −石野卓球とピエール瀧−』は、本日公開の上映劇場にて電気グルーヴ(石野卓球・ピエール瀧) サイン入りチケットホルダーをプレゼントする半券キャンペーンをスタート。新宿バルト9では12/27 塙宣之(ナイツ)、12/28 砂原良徳、大根仁監督、新たに12/29に天久聖一、渋谷直角によるトークイベントの開催も決定、いずれも会場でしか聞けないトークが飛び出すこと間違い無しの貴重な機会になるはず。詳細は映画公式HPをご覧ください。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54106