本日、TOHOシネマズ渋谷にて、UULAオリジナルドラマ『奇妙な恋の物語−THE AMAZING LOVE STORY−』Ep3.「未来花火」・の配信記念イベントが開催され、出演する佐藤江梨子、黄川田将也、桐山漣、阿部百合子、池内万作、市井昌秀監督が登壇した。
本作は、人気ドラマシリーズ「世にも奇妙な物語」の脚本家が参加した、恋愛にまつわる3つのエピソードからなる奇妙で不思議なオムニバス・ラブストーリー。
Episode3「未来花火」は、“過去に戻って未来を変えられる”という不思議な花火の力を使って 誰もが考えたことがある“もしも”を叶える笑いと感動のラブストーリー。
のラブコメディとなっている。そんな本作をTOHOシネマズが仕掛ける、映画だけにこだわらない良質な映像作品とのコラボレーション企画の一環として、劇場スクリーンで特別上映した。

日時:2014年8月28日(木) 21:00イベント開始
・会場:TOHOシネマズ 渋谷 スクリーン1(東京都渋谷区道玄坂2-6-17 7階)
・登壇者:佐藤江梨子(32)、黄川田将也(34)、桐山漣(29)、阿部百合子(81)、池内万作(42)、市井昌秀監督
・スペシャルゲスト:ゲッターズ飯田(39)
・MC:古坂大魔王(38)
・一般鑑賞者:約140名

古坂大魔王の軽快なトークで場を温め、MC古坂大魔王の合図で、佐藤江梨子らドラマの出演者が登場。
出演者が会場に姿を現すと鑑賞者からは黄色い声援が飛び交った。

■はじめの挨拶

佐藤:「サトエリってよんでください!宜しくお願いします!」
黄川田:「雨の中楽しんでってください!」
桐山:「遅い時間から有難うございます。笑 MCが芸能人の登場とか言うから、最初めっちゃ出ずらかったですよ!笑」
阿部:「生まれて初めてホームレスを演じました。阿部百合子です。宜しくお願いします。」
池内:「どうも、池内万作と申します。まんちゃんでお願いします。笑」
市井:「満席ということで、ありがとうございます。万が一、過去に戻ってもまた舞台挨拶に来てくださいね!笑」

挨拶のあと、まずはドラマのトークに。それぞれの役柄について質問された。

佐藤は、元カレに振りまわされまくりのダメなOL役。感想や何か心掛けたことについて聞かれると、
「ふたりともイケメンだったので幸せでした。役の中で心がけた事は、夏は不思議な事が起こる季節なので、
わりとナチュラルにおかしい事が起こっていると認識で演技しました。自然な感じで。」
とコメント。

黄川田は、カッコイイ王子様キャラの元カレ役。自分との違いや現場での印象的なエピソードについて聞かれると、
「実際の自分とは真逆で演じやすかったです。自分の憧れって感じの役だったので。
役柄は王子様でも上昇志向が高めで、鼻につく役だったので、面白かったです。」
とコメント。

桐山は自由人の元カレ役。役柄について監督に相談した事や、意識した事について聞かれると、
「僕、仕事はまじめで、プライベートは自由人なんですよね。役のテーマはナチュラルなので、自分の思い描く自由を最大限に表現しました。」
そんなコメントに佐藤は大爆笑。すると桐山は、「監督からナチュラルに演じてと言われたので意識してそうやりました。
プライベートは自由ですが。でも仕事は真面目なんですよ!笑」
とすかさずフォローしていた。

阿部は痴呆症のおばあちゃん役として出演。佐藤との共演について聞かれると、
「ウチのアパートの同じぐらいの年の住人は、ほとんど認知症になっているので、明日は我が身って思ってます。笑」
「佐藤江梨子さんが、ギュッってしてくれた所がありまして、ナイスバディに抱いていただいたので、本当に幸せでした。」
とコメントすると「いつでもどうぞ」と佐藤もご機嫌でリアクション。

池内は役名が花火男という不思議な役。役柄について監督と話したことについて聞かれると、
「最初は花火男って何?って思いました。何か打ち上げるのかなと思いましたよ。」といい、
また「もうほんとに映画を見たら意味が分かるんですが、とりあえず詳しくは言えないので、花火男を楽しみにして下さい!笑」
とコメント。

市井監督は登場するキャラクターが個性的かつ不思議であるために、演出で気をつけたところについて聞かれると、
「ファンタジーやホラーの要素はあるにしても、やっぱり人対人の感情のやり取りを大事にしたかったんで、出来るだけそこを重要視しました。」とコメント。
作品の出来について点数を聞かれると「98点です。2点は、自分自身の足りない点ですかね。笑」とコメント。

また佐藤は、色々皆さんのお話を聞いて、どの様な撮影現場の印象的なエピソードについて聞かれると、
「壮絶でした。5日間出ずっぱりだったので。移動で寝たりとかって感じでしたし、5月に撮影だったのですが、撮影に軽装で行った日は寒かったりして大変でした。」
とコメント。

今回作品の内容に因み“私の未来はどうすればいいの?”という一般の方からキャストの皆さんに相談したい“恋や将来の悩み”を応募。
その悩みに対してキャストからアドバイスがされるというイベントを実施。

最初の投稿
“彼女の浮気を疑ってます!これ以上耐えられないので、聞こうと思うのですが、
何と聞いてよいかわかりません。 どう切り出したらよいかアドバイスをお願いします”
については、
各キャストからは「聞けばいい」とコメント。桐山が「相手の事を疑うのは、自分がしてるからですよ。」と一同から歓声が。今日一番のコメントだと称賛を浴びた。
阿部は「ちょっと苦しいけど、結婚した時のことを思い出して。」「まぁ、何人付き合ってもおんなじよ。笑」
池内:「女の方が勘が鋭いから、男に疑われるなんて相当露骨ですよ。笑」と様々な意見が寄せられた。

すると、MCの古坂大魔王が「皆さん人の未来について答えてますが、皆さん自身の未来はどうなんでしょうかね?」と切り出し、
“過去に戻って未来を変える”というストーリーにちなんだスペシャルイベント、“未来花火”キャストの “未来診断”イベントを実施。
スペシャルゲストとして、数々の未来を占ってきた話題の占い師ゲッターズ飯田がMCの合図で登場。

今回診断する内容について
飯田:「生年月日と名前と手相を見て、みなさんの未来の運勢について診断します」とコメント。

一人目に診断者は主演の佐藤は、
佐藤: 占い前の一言コメント
「結婚線に、四角の囲いがあるんですよね。しかも、ほくろが6個あるんで、星をいっぱい掴みます!」
飯田さん:診断内容
「性格は、追い込まれないとやらないって感じのタイプです。」
「恋愛は少年ぽくて明るい人が好きで、佐藤さんに近い人を好きになるかも。」
「今年の誕生日を迎えると、モテキが訪れて、2015年か2016年で結婚します!」
来年にモテキが来るという事に胸を膨らませていた。ほめられながらも「ただ、根はスケベな性格ですね!笑」と言われると、
「分かります。ゲッターズ飯田さんのマスクない姿とか妄想しちゃいます」と回答していた。

二人目、黄川田は、
飯田:診断内容
「お金の線がしっかりしている。薬指の下の線を見てください」
「礼儀正しいが、少ししゃべりすぎで、ほぼ勘で生きているタイプです。後、人の裏の顔が好きですね。」
「恋愛は、最初の印象がいい子を好きになります。肌の白い透明感のある女の子で、古風な感じの女性がタイプですね。」
「仕事に関しては、6年後、爆発的に増えます。オリンピックの時ですね。」
「結婚する相手は、自分でわかると思います。この人と結婚すると思ったら、しますよ。」
診断結果に黄川田は、「俺人間小さいなぁ」と気付かされていた。

三人目は桐山。
飯田:診断内容
「そうですね・・・この中で一番変態です。」
「変わりもので、クリエイター向きの人ですね。人と違う事をしたがるタイプです。」
「天職は、役者です!」
「ただ段取りと計算がまったくできないですね。笑」
「仕事は、今年の末に、来年再来年から大きい仕事が来ますよ!」
「ただ、恋愛は、女を見る目が無いですね。笑 何でそこって感じで、個性的な子が好きなんですね。
まさしく才能に惚れる感じですね!」

4人目は阿部。
飯田さん:診断内容
「凄い手相ですね。負けずぎらいで真面目。」
「17歳から、心は全くかわってないですし、知的好奇心が高く、不思議な事が好きですね。」

阿部:「1日でも家にいたくない。周りの人とつながりたいので雨でも外に行きたくなります!」

最後に、池内が診断された。
飯田さん:診断内容
「しっかりした手相です。実行力、パワーはあるが、甘えん坊ですね。」
「恋は、チャンスが少ない星に生まれています。今まで、ちゃんとした恋をしてないですね。」
「性格は、人の話を聞かないタイプですね。経営者、社長に多いタイプですよ。」
「ただ、今年から恋愛良くて、7年半の恋の闇から、抜けますよ!」

キャストの診断結果を聞いた市井監督は、
「なんだかんだ占いに頼らず、未来は自分でつかむものと思ってたけど、自分も占ってもらいたくなりましたね。笑」
と占いの当たり具合に感心していた。

佐藤さん、未来診断を聞いた感想を、
「みんな役者向きで、流石だ!と思いました!そんなみなさんと、今回共演できてよかったです!ありがとうございました!」
とコメントした。

また、最後に、佐藤さんからこれから見る観客に
「今日は有難うございます。帰りは、夜道に気を付けて帰って下さい!夏の思い出を作りに来てくれてありがとう!」
とメッセージを残して、イベントは終了しました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=52759