公開を記念し、福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキーら豪華キャストが登壇した初日舞台挨拶を行いました。
初日を迎えた想いを始め、映画祭や撮影時のエピソードなど思い出話で盛り上がった後には、キャストたちと観客にはビックニュースが待ち受けていました!

映画『そして父になる』 初日舞台挨拶
日時:9月28日(土)
登壇者:福山雅治(44)、尾野真千子(31)、真木よう子(30)、リリー・フランキー(49)、
二宮慶多(ニノミヤケイタ/7)、黄升?(ファンショウゲン/8)、滝沢美結(タキザワミユ/5)、
押場大和(オシバヤマト/4)

場所:新宿ピカデリー SCREEN1 (東京都新宿区新宿3丁目15番15号)

9月24日(火)からの先行公開も大好評の内に過ぎ、いよいよ本公開となった本作をいち早く観たい、
豪華キャストに会いたいと詰めかけた観客で新宿ピカデリーのスクリーン1は満員御礼。
急遽渡米した是枝監督は電話での舞台挨拶参加となりましたが、監督の口から『そして父になる』のハリウッドリメイク決定!というビックニュースが伝えられると、驚きの声があがり、会場内は暖かい拍手に包まれました。

以下舞台挨拶内容

MC:本日は映画『そして父になる』初日舞台挨拶にお越し頂きまして誠にありがとうございます。
本作は6年間育てた息子は、病院で取り違えられた他人の子だった。
家族に起きた<事件>を通して、その愛と絆を描いた衝撃の感動作。
皆様もご存知の通り、本作は本年度カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞し世界中から注目を集めた話題作、本日よりついに公開を迎えました。

舞台挨拶開始前にお詫びです。本日登壇を予定していた是枝裕和監督が急遽事情により出席できなくなりました。キャストメンバーで盛り上げていきたく思いますので是非大きな拍手をお送りください。
それではお呼び致しましょう。どうぞ!

MC:それでは、遂に『そして父になる』初日を迎えられましたが、皆様一言ずつご挨拶と今のお気持ちをお聞かせください。では福山雅治さんからお願いいたします。

福山さん:こんにちは。本当にやっとやっと今日という日を迎えることができました。
この時間と映画そのものを楽しんでいって頂ければと思います。

尾野さん:本当に今日この日を迎えられて嬉しいです。考えることの多い映画ですが、
楽しんでいってください。

真木さん:やっと初日を迎えられて嬉しいです。みなさん楽しんでください。

リリーさん:やっと初日を迎えらました。これからはみなさんと映画の話ができるので嬉しいです。
犯人が誰なのかいよいよわかってしまいますね。

MC:そういう話でしたっけ…?

リリーさん:はい、基本的にはベトナム戦争を題材にした話ですね。

(会場内爆笑)

二宮慶多くん:こんにちは!みんな頑張って撮りました!やっと観てもらえるのが嬉しいです。

黄升?くん:頑張って撮影したので、是非観ていってください!

滝沢美結ちゃん:こんにちは!食べるのと歌うのが大好きです!今日は楽しんでください。

リリーさん:あれー?美結、俺が教えたこと言わないの?「別に」でしょー?

美結ちゃん:言わない。

(会場内爆笑)

押場大和くん:今日は来てくれてありがとうございます。好きな食べ物はバナナです!

リリーさん:さっきマグロって言ってたじゃん!

MC:有難うございます(笑)
福山さん、先週末は、スペインのサンセバスチャン国際映画祭に行かれていたとのこと。
『そして父になる』が出品されたパールズ部門は観客たちの票で決める観客賞があります。
日本時間の明日が受賞発表ですが『そして父になる』は現在得点一位だとお聞きしました。
同じ部門では『風立ちぬ』も出ていました。非常にいい反響だったようですね。
福山さん現地での正式上映に立ち会われていかがでしたか?

福山さん:会場の反応がとても良くてたくさんの拍手を頂けたのですが、上映後、監督と外に出た時に観客の皆さんが待っいてくださっていて、そこでも暖かい拍手を頂けました。観客賞は頂けるかはわからないですが、こういうことはあまりないとのことだったので、とても嬉しかったですね。

MC:尾野さんと真木さんはプライベートでも親交があるそうですが、今回相手の家族の母親役として共演されていかがでしたか?

尾野さん:何度か共演させて頂いていますが、毎回“真木よう子”の魅力を見せつけられて
勉強になるし、良い刺激を貰っていると感じています。

真木さん:本当?!嬉しいです。私も同じ様に本当に良い刺激になっているし、真千子ことが大好きですね!

MC:リリーさんは、プライベートでも福山さんと親交があるそうですが
リリーさんしかしらない福山さんのエピソードを是非お伺いさせて下さい。

リリーさん:うーん…普段もこのままなので、何を話せばいいのか…
答えに困った時は慶太のマイケル・ジャクソンのモノマネをご覧ください!

(リリーさんが被っていた帽子を慶太くんに被せた後、慶太くんはマイケルになりきりムーンウォークを披露)

リリーさん:今の踊りが本編の重要部分です。

(会場内爆笑)

MC:慶多くん、升?くん、美結ちゃん、大和くん、映画を観てそれぞれ好きなシーンを教えてください。

慶多くん:福山さんと川でお話しをする場面です。悲しいシーンですが、川がキレイでした。

升?くん:キッズランドで遊んだところです。

美結ちゃん:みんなでアイスを食べて、水鉄砲をしたことです!

大和くん:(覚えていないとのことで、撮影現場でのことを尋ねると)リリーさんがたくさん遊んでくれました!

MC:福山さん、今日はまた子役の皆さんが4人もいらっしゃいましたね。
子供たちとの共演されてみて、子育ての大変さについて感じることはありましたか?

福山さん:いや〜大変なんでしょうね。子供たちと僕らが全員揃うのが1年振りなんです。
今日はこれが二回目の舞台挨拶なんですが、一回目はみんな大人しかったけど、だんだん自由になってきましたね(笑)ですが、我々大人たちが子供たちに導かれて作られた映画なので、それが作品からも感じました。

MC:福山さんは坂本龍馬役や、天才物理学者役という印象が強いですが、今回は一般のサラリーマンを演じられました。素の福山さんをどんな方なのでしょう?
共演者のみなさま福山さんを一言でいうとどんな方ですか?

尾野さん:あんこ好きですね。

福山さん:現場で血糖値を上げる為に食べるんです。セリフが覚えやすくなるので…

真木さん:うーん…このまんまなんですよ…すごく丁寧で、優しくて…うーん、うーん…

福山さん:すごく丁寧で、優しくて、あんこ好きなんですね!

(会場内爆笑)

リリーさん:座長として包容力があって、あんこが好きって感じです(笑)

MC:実は今日この場にいらっしゃらない是枝裕和監督とお電話が繋がっています。
お呼びいたしましょう、是枝監督!まずは公開おめでとうございます。

監督:はーい。ありがとうございます。

MC:今どちらにいらっしゃいますか?

監督:LAにいまーす。

MC:LAではどうされたのですか?

監督:急遽決まったのですが、ドリームワークスと契約しまして、ハリウッドのリメイクが決定しました!何社が手を挙げてくれたのですが、ドリームワークスに決まりました。

MC:写真が今こちらの会場にも映し出されています!これはいつ撮られた写真ですか?

(スピルバーグと監督の熱い握手を交わしている2ショット写真がスクリーンに投射)

監督:ついさっきです。一昨日決まって急遽渡米してお会いしてきました。

MC:スピルバーグ氏はカンヌの審査員長であったわけですが再会してどのようなお話しをされましたか?

監督:30分程彼の地元でお話しをさせてもらったのですが、とても気に入ってくれていて、細かいところまでいろいろ話してくれました。

MC:ここでスピルバーグさんからこのリメイク権取得についての公式のコメントから一部抜粋して読み上げます。
「カンヌで初めてみたとき、パワフルな人間ドラマに非常に感銘を受けた」
「生涯に一本の映画に関わる機会に感謝したい」とのことです。
みなさんいかがですか?

福山さん:監督!おめでとうございます!スピルバーグが気に入ってくれて嬉しく光栄に思っております!

リリーさん:自分の役を誰が演じられるのかは非常に気になりますね。
監督は今日コンビニバイトのシフトが被って来れなかったんじゃないんですね。

(会場内爆笑)

MC:まだまだお話し伺いたいところですが、お時間も迫ってまいりました、驚きのニュースをお届けいただいた監督、最後に一言あればお願いします!

監督:初日に映画館に足を運んで頂きありがとうございます。
夫であったり、妻であったり、娘や息子であったり、親であったりといろんな立場から考えられる映画になっていると思いますので、是非楽しんでいってください!

MC:最後に、本日公開初日ということで、これから映画を見る
お客様に福山さん代表してメッセージをお願いします。

監督:監督の作品が今日この和やかな空気を作ってくれました。
子供たちに導かれてつくり、子供たちのお蔭で、作為的な見え方にならない映画に仕上がり、
様々な国の映画祭で喜んで頂けました。慶太、升?、美結、大和、ありがとうね。
本日はどうぞ皆さん楽しんでいってください!

MC:有難うございました

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=51142