「詐欺にはだまされないで!」とサギ師を演じた阿部寛
詐欺撲滅を呼びかけつつも「僕の映画にはだまされて!!」

 【日時】 11月15日(木) 13:00〜
 【場所】 三菱東京UFJ銀行丸の内本店敷地内 (千代田区丸の内2-7-1)
 【登壇者】 阿部寛さん、警視庁副総監 ?橋清孝さん、丸の内署長 若松敏弘さん
 
 映画『カラスの親指』の主演・サギ師役を演じた阿部寛さんが【チャレンジ被害ゼロ】振り込め詐欺撲滅キャンペーンのイベントに警視庁副総監らとともに登場し、詐欺撲滅を呼びかけました。

「詐欺犯罪の中でも、振り込め詐欺の被害を防ぐには家族とのコミュニケーションをとることが何より大事。」という署長の言葉に、阿部さんは「これを機に僕も家族とのコミュニケーションをしっかり取ろうと思いました。本当に気を付けないダメですね。」とコメント。

今回は詐欺撲滅に協力していただいている阿部さんも、実は映画の中ではだます側のサギ師を演じており、そのことについて聞かれると「サギ師役の僕で不謹慎ですよね。(笑)」と会場の笑いを誘いつつ、「村上ショージさんとのコンビで演じさせていただいています。こういったコンビでの映画は初めての経験でした。僕が演じたサギ師は人情味溢れる役どころになっていますよ。」と自分の為だけに詐欺を働く実際の犯罪者とは違い、人間味溢れるある意味かわいい?キャラクターであることをアピール。

また、「映画、面白かったです。最後まで目が離せなかったし、ラストの大どんでん返しまでは見抜けませんでした!」と現職の刑事さんですら、映画の巧みな仕掛けにだまされたという感想も飛び出し会場も大盛り上がり。

阿部さんは「振り込め詐欺は他人ごとではないので本当に注意してください。家族ともしっかりコミュニケーションをとって被害を防いでくださいね。」と詐欺撲滅を語りながら「映画のラストには爽快感いっぱいの大どんでん返しが待っています。詐欺には騙されないように気を付けてもらいたいですが、僕らの映画には騙されに、ぜひ劇場にいらしていただければと思います。」と詐欺撲滅を呼びかける一方で映画『カラスの親指』をしっかりとPRしていました。イベント終了後には阿部さんらが詐欺撲滅の啓発チラシを街ゆく人々に配布。大勢の通行人が会場に詰めかける中、詐欺撲滅を呼びかけて本イベントを締めくくりました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49272