石ノ森章太郎の未完の傑作『009』を、『攻殻機動隊』『東のエデン』の神山健治監督が、新たなイマジネーションで長編アニメーション映画化した『009 RE:CYBORG』が、10月27日(土)より全国ロードショーされます。
それを記念して10月25日(木)、大阪市内でイベントを開催。映画に出てくる9人のサイボーグ戦士同様、陸上競技・十種競技の元日本チャンピオンという“特殊能力”を持ち、また「百獣の王を目指して想像上で猛獣と戦う」というネタで人気を博すタレント・武井壮が登壇。サイボーグ戦士たちと対決シュミレーションを繰り広げました。

<人類最強“武井壮”×最強のサイボーグ戦士9人が対決>概要
◆日程/10月25日(木)◆会場/梅田のファッションビル「イーマ」◆登壇者/武井壮
<第一ラウンド>1階ロビー対戦相手:001003対戦結果:全戦ドロー
<第二ラウンド>梅田ブルク7フロア対戦相手:004ー006対戦結果:全戦ドロー
<第三ラウンド>梅田ブルク7劇場内対戦相手:007ー009対戦結果:007、008はドロー、009に勝利?
武井壮、「僕は、女子どもとは戦わない!」と、第一ラウンドは全戦ドロー!!

公開を記念して、大阪市内でイベントを開催。映画に出てくる9人のサイボーグ戦士同様、陸上競技・十種競技の元日本チャンピオンという“特殊能力”を持ち、また「百獣の王を目指して想像上で猛獣と戦う」というネタで人気を博すタレント・武井壮が登壇。サイボーグ戦士たちと対決シュミレーションを繰り広げた。
先週、石森プロの女性スタッフに対戦相手のリサーチを行い本日を迎えた武井壮。
これまで戦ってきた動物のことは、たくさんの図鑑などで調べ尽くした上で戦っている。それは今回のサイボーグ9人も一緒。とリサーチがいかに重要かと話していた。

それを受けて迎えた今日の戦いだったが、イベントが始まった途端、「最近、映画のキャラクターと戦ってくれというオファーが増えていますが、僕が戦いたいのはあくまで動物。しかも今回、正義のヒーローと戦うなんて。このオファーが届いたとき、言葉を失いました。ヒーローを倒しちゃだめだろう!」と、まさかの威嚇?
第一戦目の001は、テレパシーなどを有する0歳児「サイボーグ001 イワン・ウイスキー」。そして第二戦目は、聴覚や視覚を強化された女性「サイボーグ003 フランソワーズ・アルヌール」。その戦いに対し武井は「『009 RE:CYBORG』の製作委員会のみなさん、よく聞いてください!テレビでも言っておりますが、武井壮は女、子どもには手を出さないんです」と、宣言。

美貌を誇るフランソワーズに対しては、「かわいこちゃんの攻撃は、すべて受け止めます」とまさかのシュミレーションに会場が湧いた。記者を前にした囲み取材でも「ここだけの話ですが、サイボーグ戦士なんかに勝てるわけない!まあ、勝ち負けを気にせず、やることに意味があると思いますが、女性や子どもが戦いの相手なんて…。製作委員会の人に『いいかげんにしろ!』と言いたい」と終始半ギレで周囲を笑わせた。

さらに、次のフロアで行われた、100万馬力の怪力を持つ「005ジェロニモ・ジュニア」との対戦では、マングローブに誘い込み話し合いをしてどうにかドローに持ち込むなど、武井壮ならではの対戦相手のリサーチ力の末のドローで会場を湧かせた。

さらに、「芸能界一の009ファン」と公言していることもあり、映画の内容に関しては大満足の様子で、「3Dの映像がすごくスーパーリアル。サイボーグ戦士の超能力が大迫力で楽しめます!」とアピールした。
007、008、009との対決は008まで全てドロー。
さらに、009は強すぎるため、産みの親であるギルモア博士に頼んで、武井壮と戦わない能力を埋め込んでもらう。
そして戦わずして勝つ。という結果となった。まさかのドロー対決にも会場が湧き大盛り上がりのイベントとなった。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49793