メリル・ストリープが圧倒的な演技力で演じ切る<鉄の女>マーガレット・サッチャーの栄光と挫折を描く人間ドラマ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』。3月16日(金)に公開し、都内劇場において複数回満席となる好スタートで初週を迎えた本作。

本日(3/29)TOHOシネマズ日劇にて、マーガレット・サッチャーと同じく、母として、妻として、ひとりの女性としてご活躍している中村玉緒さんを招いてのトークイベントを行いました。
第84回アカデミー賞主演女優賞を見事受賞し、来日も果たしたメリル・ストリープに尊敬の念を抱く中村さんは、サッチャーのようなパールのネックレスに深いブルーのスーツで「メリル・ストリープでございます。グフフッ。」というジョークを飛ばして登場。そして、手には“JAPANESE IRON LADY”と記載されたオスカーもどき像が!メリル・ストリープと張り合うほどの和製サッチャーの姿に観客から歓声が沸き起こりました。

登壇した中村さんは、「映画の神様であるメリルが大好きで、サッチャーさんは若いときに尊敬していた存在。」と一言語った上で、サッチャーを真似たビジュアルをとても気に入り、「こういった服装は初めて。実は私足が細いんです(笑)。」と笑いを挟みつつ、「主人に見せたかったわ。」と亡くなられた夫の勝新太郎さんを思い出しながらトークイベントがスタートしました。
アカデミー賞に17回ノミネートしているメリル・ストリープに対して、中村さんは「女優として大変尊敬している」と何度も語り、アカデミー賞の際にメリルが受賞するはずがないから金の洋服をきたらというアドバイスがあって受賞したというエピソードを交えて、メリル自身の家族愛と本作のサッチャー自身の家族愛を重ねました。

サッチャーは現在認知症に悩まされており、本作でも認知症ゆえ亡くなった夫のデニス・サッチャーが何度も登場します。「夜寝ているとサッチャーの旦那が出てくるんですけど、私の場合は出てこないですね(笑)」といい、もし現れたら?とい問いに「抱きつきたい!」と変わらぬ愛を告白しました。
本作の夫婦愛・家族愛を見た中村さんは勝さんについて、「俳優として勝新太郎のことを尊敬しています。」と一言を述べ、「大変なこともたくさんあったけど、何をされても憎めない存在でした。そして、後ろを向くとちゃんと息子と娘が支えてくれた。」と当時を思い出し懐かしむように語りました。
また、サッチャーに双子が産まれた際、旦那からもらった2重のパールのネックレスに絡めて、中村さんは勝さんから唯一プレゼントされたものが“ペアの時計”ということを明らかにしました。

最後に、「過去と現在が交互に映し出される光景が素晴らしい。」と本作の構成の良さを絶賛するとともに、「家族を愛し、明るい家庭を作って、議員になれたという女の強さ・優しさを見ていただきたいです。たくさんの若い方にも見ていただいて、ぜひ“鉄の女”を目指してほしいですね。」と力強い締めの言葉と和やかなムードでイベントが終了しました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49919