映画『愛と誠』の完成報告会見が3月19日、都内ホテルで行なわれ、ダブル主演する俳優の妻夫木聡(31)と武井咲(18)監督の三池崇史(51)が登壇し、主人公の超不良・太賀誠を演じた妻夫木の「31歳にもなって学生服を着てすみません」という挨拶から、会見は和やかなムードで始まった。

妻夫木は初めて脚本を読んだ時について「なかなかふざけた映画だなと思いました。三池さんの映画はたくさん見ていますが、歌って踊るというのはないので」と率直な感想を語った。また、どのような映画なのか聞かれると「『こういう映画』とは言えないですね。
“純愛エンターテイメント”とか言ってますけど全然違いますから!」と語り会場の笑いを誘っていた。
太賀誠に恋をするお嬢様・早乙女愛を演じた武井は初の映画出演について「映画というものをよく知らなくて、最後まで映画はよくわからないという印象だった」とコメント。現場については「台本をきちんと覚えていかなくてもいいのかなと思える現場だった」と話し、監督をはじめ会場に集まった報道陣も爆笑となった。
キャスティングについては「いつも今考えている最高のキャストに、まず連絡をしてみてそれから考えているが、今回は想像していた最高のキャストの二人が役を受けてくれるということになり、この二人をキャスティングすることが出来た」と満足気に語った。
またミュージカルシーンについて聞かれると、キャストが歌い踊るというのは脚本家からの提案をもとに進めたものであったことを明かし「自分の中ではミュージカルと言う概念ではなく、ジャンルで言うならばバイオレンスラブストーリーだと思っている。歌や踊りに関しては人物たちが勝手に歌って踊っているような感じ」と語った。これに対して妻夫木も「普通のミュージカル映画とは違い、役自身の魂が出たような歌と踊りになっている。最初に監督が『新しいものをつくろう』という話をしていたが、撮影中すでに新しいものが出来上がるという実感があった」と本作への期待を語った。

「激しい恋」「空に太陽があるかぎり」「あの素晴らしい愛をもう一度」など、世代を超えた名曲の数々を日本を代表する音楽プロデューサー小林武史がアレンジし蘇らせた。
何もかもが全く違うふたりを結ぶ、“運命の恋”の結末は—。
あらゆる才能が集結した、究極の【純愛】エンターテイメント。

映画『愛と誠』は6月16日(土)より新宿バルト9他、全国ロードショー。

(Report:山崎栞)

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49595