日本映画界屈指の才能達が、”実在の事件”を基に描く衝撃と感動のドラマが誕生!!原作は多くの分野で活躍している川本三郎がジャーナリスト時代に経験した日々を綴った衝撃のノンフィクション。
5月28日(土)待望の公開初日を迎え、新宿ピカデリーにて初日舞台挨拶がおこなわれた。登壇者には、妻夫木聡さん・松山ケンイチさんをはじめとする、忽那汐里さん・韓英恵さん・中村蒼さん・山下敦弘監督ら豪華キャストが出席した。

公開初日を迎えて活動家たちを追いかける若きジャーナリストを演じた妻夫木さんは「初日にこんなに来て頂き嬉しく思っています。有難うございます。ようやく公開する事ができました。この作品は皆でじっくり作り上げた作品です。一つ一つを見てくれる方々に噛みしめて見てもらいたいなと思っています。」と述べた。
続いて革命を目指す活動家を演じた松山さんは、「今日は有難うございます。今朝犬の散歩をしていた時に、雨が降っていたので、もしかしたらあきらめてこない人もいるんじゃないかと思っていたのですが、本当にたくさんの方が来てくれて嬉しく思います。」と喜びを語ってくれた。

本作は、革命家梅山と出会って、人生が変わっていくジャーナリストの話だが、その内容とかけて”皆さんにとって人生を大きく左右するような運命的な出会いや出来事はあったか??”聞かれると妻夫木さんは「んー」と悩みながらも、「僕にとって結構役者になったことがすごい運命的な出会いだったとおもうんですけど。もともと芸能界に興味はあったものの役者はやろうと思っていませんでした。かつこの世界は誰でもできると思ってなめてました。いざやってみたら何もできなくて挫折した自分がいてすごい悔しく、がむしゃらに頑張ってきました。」と明かしてくれた。

最後に監督から「あの自債を描いてあるだけあって、本当にいろんな物を詰め込みました。時間も長くなったんですが今まで以上に向き合った作品なので、まだ終わっていない気がします。この時代を知らない世代ががむしゃらに作った映画です。あの時代を分かったつもりはないですが、この作品は入り口になったら幸せなんだろうなと思います。」とファンにメッセージを残してくれた。

映画『マイ・バック・ページ』は5月28日より新宿ピカデリー・丸の内TOEI他全国で公開中!!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=47717