この度、東宝東和配給にて7月2日(土)より公開となります映画『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』にて教育評論家、尾木ママこと尾木直樹さんに“尾木ママクフィー”として親善大使を務めていただくことが決定し公開に先立ちまして、本日(5月26日)親善大使就任式と大使公務をお披露目するイベントを実施いたしました。

映画『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』尾木ママ(尾木直樹さん)親善大使就任式&大使公務イベント          
登壇:尾木ママこと尾木直樹さん(教育評論家)、子ブタのモモちゃん(メス:生後5か月)

尾木さんは劇中に登場するナニー(乳母)のマクフィーに模した格好で尾木ママクフィーとして登場し、親善大使の任命書やステッキ、名刺を授与されると、親善大使の意気込みを語ると共に、映画の感想も熱く語り、尾木さんの教育論と合致する映画だということをアピールいただきました。さらには、子ブタのモモちゃんも登場し親善子ブタ大使に任命され上機嫌の様子でした。また、尾木ママクフィーとモモちゃんがそろって色紙に手形を押すなど初の大使公務を行い大いに盛り上がったイベントとなりました。

コメント
尾木直樹さん:尾木ママクフィーです。よろしくお願いします。
今まで色々な映画のイベントで声をかけてもらったけれど、お受けするのは今回が初めてなんです。ママだけれど、教育評論家なので、その道の信頼は裏切れないのですが、『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』は作品が私の教育論にぴったり来たからお受けしたの。
この映画は(震災などもあり)日本が大変な時期に必要なことをたくさん教えてくれるものだと思いました。子どもたちの心のケアなど必要となってくると思いますが、前向きなエネルギーは子どもたちの中にあるので、受け皿をつくってうけとめてあげられる人がそばにいることが重要なのよ。

劇中の5つのレッスンはどんどん子どもに自信をあたえて成長させていくものだし、エンターテイメントとしてもとても楽しくな素晴らしい作品なので、皆さんに見ていただきたいわ。
ナニーのように魔法で子どもを良い方向に導いていくのは難しいけれど、魔法じゃなくても「子どもに声をかける」とか「気遣ってあげる」ことで良い方向に導けるはずよ。

劇中に出てくる5つのレッスンを私なりに提唱すると1.「早くしなさい」って言わない。2.「やめなさい」って言わない。3.「大丈夫か?」って聞かない。4.「ありがとう」という言葉を使う。5.いきなり怒らないで理由を聞いてあげる。 この5つを心がけると、子どもの努力や、輝きをみいだすことができると思うの。
私が魔法使いになってナニーのステッキを使えるようになったら、子育てに悩んでいる母親たちに、「どうしたの?」と子どもにやさしく声をかけて育てていく私の子育てノウハウを魔法で届けてあげたいわ。

モモちゃん:ブー(人がいっぱいでびっくり!!でも、嬉しい!)                                                
                                                  

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=49149