日常の小さな幸せを丁寧に描いた映画『ワラライフ!!』(配給:ファントム・フィルム)が、1月29日(土)に公開初日を迎える運びとなりました。
強い父、忘れっぽい母、ませてる姉、泣き虫な弟。そんな家族と過ごした日々や、心に引っかかっていた同級生、近くにいてくれる頼れる彼女…主人公の日常を、木村祐一監督自身の体験も織り交ぜながら幸せたっぷりに描いた、明日が今日より幸せになれる物語です。
つきましては1月29日(土)公開初日、劇中の古川家を演じた村上純(しずる)さん、田畑智子さん、鈴木杏樹さん、吉川晃司さん、さらには吉川さん演じる父の友人役・板尾創路さんという豪華なキャストの方々と、本作のメガホンをとった木村祐一監督が登壇致しました。また、公式サイトにて事前に募集しておりました「私のワラライフ!!な瞬間コメント」の中から、村上純さんが最も気に入ったワラライフ!!村上純賞の授賞式を行い、選ばれた1名には、村上純セレクトの赤のマフラー(劇中のキーアイテムです)を本人よりプレゼント。村上さんが受賞者にマフラーをしてあげる一幕もありました。
そして!!2/3(木)の節分のため、ご登壇者全員で豆まきを行いました!!ワラライフ!!な福が皆様の元に訪れますよう…

【日程】1月29日(土) 
【場所】シネマート新宿(新宿区新宿3丁目)
【登壇者】村上純(30)、田畑智子(30)、鈴木杏樹(41)、吉川晃司(45)、板尾創路(47)、木村祐一監督(47)

【登壇者のコメント】
MC: 明日が今日より幸せになる。木村祐一監督ならではの暖かく優しい映画『ワラライフ!!』。
遂に公開初日を迎えました。まずは皆様にご挨拶を頂きましょう。

木村監督:本日は大変寒い中お越しいただきありがとうございました。4回目の干支を迎え、改めて家族や友人の大切さをしみじみ思い起こす年になり、わがままに作らせていただきました。皆様も、家族のこと友人のこと、思い出しながらごゆっくり楽しんでいってほしいです。
臨月の香椎由宇からもメールを頂いているのでご紹介します。

香椎さんより木村さんへのメール:「公開初日のやったーという気持ちを皆様と一緒に感じることができず、取材など、公開前の忙しく大変な時期を通り超えての解放感を味わって調子に乗りたかったのでとても残念はありますが、『ワラライフ!!』公開初日を迎えられたこと、本当におめでとうございます!」

村上さん:皆様こんにちは。俳優の村上です(笑)今日はありがとうございます。今作は木村さんが作った本当に温かい映画です。キャスト、スタッフ、そしてご覧になる皆様で作り上げる作品ですので、すみずみまで舐めまわすように観て温かくなって、帰りにワラライフを探して帰ってください。

吉川さん:劇中のエピソード、ことごとく記憶に残っているようなシーンばかりで、同じ世代として、ほんわかした気持ちになります。 個人的にはバカボンのパパ風な役を演じることができて楽しかったです。

鈴木さん:寒い中、そして土曜のこの時間に『ワラライフ!!』を観に来てくださってありがとうございます。吉川さんとは17歳の時、まだ私がロンドンにいたころにお会いして、音楽番組は別として、それ以来初めてご一緒させていただきました。しかも夫婦役で(笑)照れくさいような、でも懐かしく、とても嬉しかったです。この夫婦というのは、木村さんのご両親をイメージしたそうで、ユニークな父親像と素敵な母親像が、愛情たっぷりに描かれておりますので、ぜひそこも楽しんで観ていただきたいと思います。

田畑さん: 心温まる、心地いい、幸せを頂ける映画ですので、ごゆっくり楽しんでいってください。また、ぜひご家族や友達、大切な人に勧めてください。

MC:では、ここでもう一人!駆けつけてくださいましたゲストがいらっしゃいます。板尾創路さんです!!」
(白タキシード、花束を持って登場!!)

MC:板尾さん、早速、公開初日を迎えまして、一言皆様にご挨拶をお願いします。

板尾さん:初日おめでとう!!劇場の外にいましたけど、次回の『ワラライフ!!』のチケット、結構売れていますよ!!!本当におめでとう!初日って、今までの苦労が吹き飛ぶので実は誕生日よりもうれしいくらいなんですよ。 皆さん、ぜひ最後まで楽しんでいってください。

MC:では木村監督、今回村上さんを主役に大抜擢したわけですが、本作の演出における心がけなどをお聞かせください。

木村監督: 透明感です!観客の共感も大事ですけど、皆さん自身に置き換えられることが大事だと思います。なので、観ている方々が自分に置き換えられる、そう言った意味での透明感のある方、ということで村上さんにお願いしました。

MC: では村上さん、今回の役を演じられての感想はいかがでしょうか??

村上さん: 透明感があるんだと思います!!役をもらったとき、日常を切り取った作品、30代でどの駅にも普通にいそうな役ということだったので、芸人としてクセがないのかなと悩んだりもしました。悩んだ結果、個性のないという個性を出せるんじゃないかと思いました。そういった意味で透明感を持っているのだと思います(笑)

MC:吉川さん、お父さん役を演じてみていかがでしたか?

吉川さん:そういう年になったんだなと(笑)撮影もちょうど年末ころで寒くて、でも楽しかったです。楽しそうに海水浴のシーンとか撮らなきゃいけなかったし(笑)母親はワンピースだし、子役たちは水着だし、それで監督はふわふわのダウン着てましたけどね。

木村監督: そこは言わんでええねん! 笑

吉川さん: 杏樹さんはずっと子役の子達と遊んでいて、モチベーションを保っていました。

MC:板尾さんから見て木村監督はどの様な映画監督でしょうか?

板尾さん: 何十年も監督をやっているような雰囲気で、何でもできる多才な男ですね!監督なんて朝飯前というような余裕を感じます。どうなっていくのか将来が楽しみなので、これからもどんどん頑張ってほしいです。

MC:ありがとうございます。では、突然ですが、もうすぐ節分ですよね?
邪気を払って、『ワラライフ!!』の様に、福がたくさん来ます様に、今回は監督とキャストの皆さんに代表して豆まきをして頂きます!!

MC:では、皆さん、お願いします。皆さんもかけ声をお願いします!(鬼は外!!福は内!!の掛け声とともに登壇者全員で観客に向けて豆まき!)

MC:そして今回、様々な場所で、<あなたのワラライフ!!な瞬間を教えてください!!>というキャンペーンを
行っておりました。数多くの応募の中から、実は、すでに村上さんに『村上純ワラライフ!!賞』を選んで頂きました。早速、その『村上純ワラライフ!!賞』を発表致しましょう。

村上さん: それでは発表します!『村上純ワラライフ!!賞』は長野県の玉田さんです!

受賞したワラライフ!!「私と兄がまだ幼いころのクリスマス。毎年イヴの夜サンタさんが玄関にプレゼントを届けてくれました。インターフォンが鳴り、行ってみるとプレゼントだけが置いてあるのです。この巧妙な手口のおかげで小学校高学年までサンタさんを信じてました。実際は、父親がお風呂に入っている時、お風呂場の窓から出て玄関に回りプレゼントを置いてインターフォンを鳴らしていたそうです。真冬に裸にタオル一枚で外を走る父の姿は想像しただけで滑稽ですが(笑)子供の夢の為に一生懸命だった父を誇りに思います。こんな思い出も私の大切なワラライフです。」

MC: なんと、この『村上純ワラライフ!!賞』を送ってくださった、玉田さんに、会場にお越しいただいております!!そして、監督とキャストの皆さんから、豪華なプレゼントがございます!!

村上さん: 玉田さん、おめでとうございます。(板尾さんにエスコートされて玉田さん登壇。)
赤いマフラー(村上さん自ら玉田さんにまいてあげる)とサイン入りポスターをプレゼント。

MC: ありがとうございました。では最後に木村祐一監督、ご挨拶をお願いします!

木村監督: 観て頂いた皆さん自身が、自分の作品として心に残して、私の『ワラライフ!!』として思ってくれればいいなと思います。1月29日、今日を家族の日にしましょう!一緒にご飯食べたり、電話をしてみたりしたらどうでしょうか。エンディングの曲もすごく合っていて良いので、最後まで楽しんでいってください。そして寒い中、今日は本当にありがとうございました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48499