”みーまー”の略称で愛される累計100万部突破の大ヒット作、遂に実写映画化!!1月22日(土)角川シネマ新宿にて、映画『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』初日舞台挨拶がおこなわれ、大政絢さん、染谷将太さん、田畑智子さん、宇治清高さん、瀬田なつき監督らが登壇した。

初日を迎えて、まーちゃん役を演じた大政さんは「私も”みーまー”の宣伝をし続けて、今日公開する事に、すごくドキドキしていたのですが、こんなにたくさんの方に集まって頂き、とても嬉しく思っています。」と喜びを語ってくれた。みー君役を演じた染谷さんは、マイクの調子が悪くなってしまうアクシデントに見舞われながらも、「えーっと・・・ほとんど大政さんが言ってくれたんですけど、本当に今日を迎えられて良かったです。」と語ってくれた。

演じる上でのエピソードを聞かれると、大政さんは「まゆとして”喜怒哀楽の激しさ”がすごい大変な部分でして・・・マンションのシーンは、泣いてたのに笑ったり、笑ってたと思ったら怒ってたりというシーンが多かったので、そういう切り替えを大事にしながら演じさせて頂きました。
」と振りかえっていた。そして監督に”みーまー”は熱狂的な原作ファンの人達がいると思うのだが、それを実写化する事に気をつけた点などを聞くと「才能あふれる話・・・”残酷さと軽やかさ”が交じってるセンスのある小説だったので、映像化するにあたって、何回も読み直して、小説と自分の距離を測るのに苦労しました。」と苦労を吐露していた。

最後に、大政から「この作品は考えさせられるようで、みーくんとまゆの純粋な恋愛部分があったり、ミステリアス部分があったり、過去の残酷な部分があったり、1回目で見て2回目で見る事で全然違う意見を持つ事が出来る映画なので、何度見ても楽しいと思います。是非1度ではなく2度3度と見て下さい。」とファンにメッセージを残してくれた。

1月22日(土)より全国で公開中。嘘だけどホント。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48356