鶴瓶氏&愛菜ちゃん、ワールドプレミア初経験!
大ファンのジュリー・アンドリュースとの初対面に、鶴瓶大感激!
年齢差68歳の女優対決にも、愛菜ちゃん英語でしっかりご挨拶!

世界中で大ヒットした『アイス・エイジ』シリーズのプロデューサー、クリス・メレダンドリが、ユニバーサル・スタジオと初めて製作する本格3Dアトラクションアニメーション作品『怪盗グルーの月泥棒 3D』のワールドプレミアが、7月9日(金)の全米公開を前にした6月27日(日本時間:6月28日)に、約7000人が参加したロサンゼルスのNOKIAシアターにて行われた。
日本からは、本作で海外アニメーション作品の日本語吹替えに初挑戦した笑福亭鶴瓶(58)氏と、同じく吹替え初挑戦となった芦田愛菜(6)ちゃんの2人が、特別ゲストとして招待されてワールドプレミアに参加。映画に登場するキャラクター、ミニオンの色にちなんで敷かれたレッド・カーペットならぬイエロー・カーペットに、黒いスーツ姿の鶴瓶氏と、薄いグリーンのストライプもキュートなドレス姿の愛菜ちゃんが揃って仲良く登場。鶴瓶氏が海外の映画祭やワールドプレミアに参加するのは今回が初めてで、愛菜ちゃんに到っては、外国に来るのも始めての経験となった。プロデューサーの希望で、国外の吹替えキャストが招待されたのが日本だけであったこともあり、2人には各国からの取材も殺到。イエロー・カーペットに大きな華を添える存在となっていた。

<鶴瓶さん&愛菜ちゃんコメント>
Q:初めてのイエロー・カーペット体験は、いかがですか?
鶴瓶:どうしていいのか、わからないけど、初めてのイエロー・カーペットで感激しています。
愛菜:嬉しい。いっぱい外国人さんがいる。
鶴瓶:愛菜ちゃんは、本当に可愛い。他の外国の人と比べても負けてないよ。楽しんで(カーペットを)歩いている。
Q:愛菜ちゃんは可愛いドレスですし、鶴瓶さんはバッチリキマッたスーツ姿ですね。
愛菜:ありがとうございます。(鶴瓶さんは)カッコいいと思います。
鶴瓶:ありがとう。
Q:これからハリウッドからもオファーがくるかもしれませんが、いかがですか?
愛菜:外国にいけるなら、やってみたいです。
鶴瓶:これから愛菜ちゃんは、いっぱいハリウッドでも仕事すると思います。
愛菜ちゃん、おっちゃんも連れてって〜!(笑)

また、プレミアには、『40歳の童貞男』や『リトル・ミス・サンシャイン』、『ゲット スマート』などの大ヒットで今や全米トップコメディアンとなり、本作でオリジナル版として主人公グルーの声を担当したスティーブ・カレル(46)や、そのグルーの母親の声を務めたジュリー・アンドリュース(74)らも参加。『メリー・ポピンズ』、『サウンド・オブ・ミュージック』などで知られる国民的なスターだけに、ジュリーの登場に会場内は大きな歓声が上がっていた。そして、イエロー・カーペットでは、ジュリーの大ファンという鶴瓶氏との初対面、愛菜ちゃんとの女優対面も実現した。

<ジュリー・アンドリュースとの初対面時コメント>
ジュリー:(愛菜ちゃんが6歳になったばかりと紹介されて)6歳!?素晴らしい!お誕生日、おめでとう。
愛菜:サンキュー(英語で発言)
鶴瓶:ジュリーさんの映画、10回以上観ています。
ジュリー:ほんと!? ありがとう。あなたたち、本当の親子みたい(笑)

イエロー・カーペットには、世界各国から約130媒体、150人が取材に訪れた。まさに、ユニバーサル・スタジオのアトラクションが映画館で楽しめるような“アトラクション3D”作品と評判な本作だけに、ワールドプレミアも華やかなものとなった。また、プレミア試写終了後には、約7000人もの観客から、惜しみない拍手が沸き起こっていた。
本作の公開は、全米が7月9日(金)のサマーシーズンの真っ只中に。そして日本では10月29日(金)より全国ロードショーとなる。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48444