この度、2月13日(土)より公開いたします『処刑山』のイベントを本日(1/15)行いました。

<日時> 2010年1月15日(金) 19:30〜  
<場所> キングレコード
<登壇者> 小向美奈子【24】

インターネットTV 「Oh!samaTV」(オーサマティーヴィー)の人気番組「月刊ムービーキング」生放送スペシャルに、あの 小向美奈子さんが出演しました!
このインターネット番組は、劇場公開前あるいはDVD発売前の強烈なホラー映画を、女性タレントやグラビアアイドル、AV女優が、真っ暗闇のガランとした密室(巨大な撮影スタジオ)で独りぼっちで鑑賞し、その様子を固定キャメラで全世界に向けて生中継する、という非常にシュールかつエキサイティングな内容です。毎回、特に事前打ち合せもなく生中継を開始するので、なにが起こるかわからず、とんでもないアクシデントや、原因不明の恐怖の超自然現象に襲われることしばしばです。
今回、小向美奈子さんが鑑賞するホラー映画は、きたる2月13日(土)よりシアターN渋谷にてレイトロードショー公開(※全国順次公開)の 『処刑山 デッド卍スノウ』。かつて雪山に葬られたナチスの軍勢が凶悪なゾムビの大群となって“よみがえり”、人間ども相手に殺戮の限りを繰り広げるといった内容の、北欧ノルウェイ産スプラッター・ホラーです。
ストリッパーとして、映画に出てくるナチスゾムビに負けないぐらい鮮烈に華々しく力強く“よみがえった”小向美奈子さんが、暗闇の密室に独りきりという苛酷な環境で、ホラー映画『処刑山 デッド卍スノウ』を鑑賞するにあたっての抱負とともに、インターネットTV「Oh!samaTV」のPRを行いました。も行います。

◆インタビューレポート

今日は「処刑山—デッド・スノウー」という映画を観るのですが、スプラッター映画は好きなので期待しています。観てる姿をインターネット生中継するので、怖がってる顔とか見られちゃいますね。「デッド・スノウ」ですからね・・・楽しみです。泣き叫んだりはないと思います。私、寝顔が怖いらしいです。
—今年の予定や目標は?
予定としては浅草のロック座で1月21日から公演があります。目標は・・・しっかりとした人間になるように。
—「デッド・スノウ」という映画ですが、隠語でスノウは覚せい剤を意味しますが。
そうなんですか? 知りませんでした・・・。
私はやりたいことを見つけたし、踊り子としてがんばっているので・・・周りを悲しませたり、失望させたことが自分でも苦しかったので、二度とそういうことが無いように、これからは色んなことに感謝してがんばりたいです。
—舞台に上がるのと、独りでホラー映画を観るのは、どちらが度胸がいりますか?
浅草ですね。凄い緊張します。両方ナマですが・・・。
—今日はインターネットで、沢山の人に見ていただくのですが、やはり生で見てもらいたいっていうのはありますか?
そうですね、是非見に来ていただきたいですね!

この後、小向美奈子はひとりぼっちで、「処刑山—デッド・スノウー」の鑑賞スタート。
「でも、やっぱりひとりぼっちやだよ〜」と叫んでいました。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=48151