海獣シアター/アスミック・エースにて極秘裏で製作・撮影を行って参りました塚本晋也の最新監督作品が、現地時間7 月23 日13 時、米カリフォルニア州サンディエゴにて開催中の世界最大のコミック&ポップカルチャーの祭典「Comic-Con(コミコン)2009」の会場にて“全世界同時”製作発表会見を行いました。
映画のタイトルは『TETSU THE BULLET MAN』。本作は誕生から20 周年を迎えた塚本監督の世界的代表作『鉄男』の21 世紀版。海外を視野に入れた「全篇英語」で撮影され、今までの続編ではない全く新しい≪TETSUO≫が誕生します。
会見には全米中から熱狂的な≪TETSUO≫ファンが集結。開演1 時間前には200 名が並び、会場には350 名キャパの会見が満席に。映画の内容が初めて明かされた他、会場でしか見ることができないフッテージ(本篇映像)も上映。会場は驚きと感激に包まれました。会見後には監督が50 名以上のアメリカ人に囲まれ、サイン攻めに会う光景も。
今年Comic-con は40 周年。本日はジェームズ・キャメロン監督による新作3D 映画『アバター』のフッテージ上映も行われ、テリー・ギリアム、ピーター・ジャクソンなどハリウッドの有名監督も多く来場。明日は日本から宮崎駿監督が『崖の上のポニョ』で持って参加する他、40 周年を記念した「スターウォーズデー」に合わせて、ジョージ・ルーカスも来場。世界を代表するクリエイターが居並ぶ中、塚本晋也監督の最新作が遂に発表となりました。

■塚本晋也監督 会見コメント
この企画は、『鉄男Ⅱ/BODY HAMMER』が終わった後にアメリカのプロデューサーから“『鉄男』のアメリカ
版を作らないか”と持ちかけられ、それから長い期間一番良い環境を探し、何人ものプロデューサーや、あ
のクエンティン・タランティーノも製作に名乗りを上げてくれたりして、アメリカ映画としての≪TETSUO
≫を模索し続け、やっともう少しで完成という所まで来ました。今回その最初のお披露目がこのアメリカの、
この賑やかなコミコンで上映できるという事を非常に嬉しく思います。
今度の≪TETSUO≫は、拳銃の弾のように凄い早さで弾け飛ぶ。それに因んで『TETSUO THE BULLET MAN』と
いうタイトルにしました。全部アメリカ舞台で、アメリカ人主演で撮ろうとも思ったのですが、最終的には
舞台は≪TETSUO≫作品のもう一人の主役であり、私も住んでいる東京を選択しました、東京は、世界で最も
電脳都市として恐ろしい形で発展してり、この映画にふさわしい場所です。
私は非常に偏屈で思い込みが強い監督なので、『鉄男』『鉄男Ⅱ』と同様に製作、監督、脚本、撮影、編集と
全部自分でやる方法を選び、伝統的な自分のスタイルで、思ったような映画ができました。
主役のエリック・ボジックは日本在住のフォトグラファー兼モデル。オーディションで選びましたが、凄い
存在感がありました。日本語が上手で、コミュケーションも問題ありませんでした。共演女優の桃生亜希子
さんは、このエリックが演じる主人公アンソニーの妻役です。もう一人の共演女優の中村優子さんは、アン
ソニーの昔亡くなった母親役で、重要な鍵を握っている役です。私自身も『鉄男』1&2 にも出てくるザ・
ガイという役で、20 年経っても出演しています。
この映画は、私が子供の時から親しんで来た大好きなハリウッド映画の、ある種典型的なストーリーテリン
グの形を借りながら、自分の『鉄男』1&2 にあった毒のようなものを包み込んでいく作品です。
全篇英語で撮影しており、アメリカの方にも観て頂ける映画を作ったので、何とか北米で早く公開したいと
思っています。自分の集大成なので、皆さんにも期待して頂けると有難いです。

■谷島正之プロデューサー 会見コメント
≪TETSUO≫が生まれて、今年で20 周年になります。海外では『ゴジラ』『アキラ』に並ぶキャラクターとし
て認められてきた、この日本生まれのキャラクターが20 年間世界のファンを熱狂させてきました。その≪
TETSUO≫が21 世紀に新しい姿で世界に飛び出そうとしています。その記念すべき「第一歩」をコミコンで
皆さんと共有できてとても嬉しく思っています。それと同時に、1976 年「スターウォーズ」のパート1 を
最初にスニーク上映する場所にジョージ・ルーカスが選んだこのコミコンで記者発表をできるという事は、
本当に幸せだと思っています。
『TETSUO THE BULLET MAN』 は海外公開を視野に入れたワールドワイドな作品を目指し、塚本監督としては
初めて英語映画として挑戦をしています。撮影期間は2008 年の9 月から2009 年の4 月。日本でもマスコミ
発表を行わず、極秘で8 ヶ月間、東京で撮影を行いました。
この新しい≪TETSUO≫を東京から世界中のファンに届けるという事に、自分は今本当に興奮しています。こ
の作品は、ソリッド・メタル・サイキック・バトル・アクション・スリラーです。21 世紀に叩き付ける最
新型のTETSUO を本当に楽しみにしてください。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=47826