今、ハリウッドで一番美しいとされるふたりが共演する最新映画『オーストラリア』の日本公開を記念して、主演のひとりヒュー・ジャックマンがプロモーションのために24日(火)午後6時に成田へ到着した。到着の約3時間から集まり出したお出迎えのファンが、到着時には 500人に及び、『X−メン』(主人公ウルヴァリン役)以来、ヒュー・ジャックマンの日本での人気ぶりが伺えた。

成田では黒いジャケット姿のヒュー・ジャックマンが現れると、歓声は熱狂的に変わり、最高潮に達した。ハリウッドの俳優人の中でも、人柄の良さに定評の高い彼は、ファンの声援に丁寧に答えながら、笑顔で挨拶を繰り返し、ナイス・ガイぶりを振りまいた。

2008年末に、米ピープル誌にて、ジョニー・デップ、ブラッド・ピットなどを抑え『世界で最もセクシーな男性』にオーストラリア出身の俳優として初めて選ばれるなど話題を振りまいているヒュー・ジャックマンだが、日本時間の2月23日に開催されたアカデミー賞授賞式メイン司会を勤め上げたばかりで、ハリウッドでもその地位を不動のものとしての来日となる。

翌日より個別取材などをこなし、2月26日には東京OLの聖地で行われるジャパン・プレミアに出席する。
なお、この日は海外スターが続々と成田に到着する来日ラッシュとなり、『トワイライト〜初恋〜』主演、人気急上昇のロバート・パティソンなどもファンの熱い歓迎を受けた。『花の生涯〜梅蘭芳〜』のレオン・ライ、チャン・ツィイーなども成田に到着した。

★到着時のヒュー・ジャックマンのコメント
日本でもアカデミー賞が盛り上がったみたいでうれしいよ、今日はファンのみんながたくさん出迎えてくれて、倍のうれしさで一杯だ。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=46821