社会の底辺を生きる6人の生き様を描くサバイバル・ムービー『ララピポ』の「がんばれ!ニッポン!!」スペシャルイベントが28日(水)、2月に長い歴史に幕を閉じる新宿歌舞伎町の老舗キャバレークラブハイツにて行われた。

MC:ブラザーコーン(劇中2曲で詞を担当)

当日は、成宮にスカウトされたい約200人の一般女性が続々と集まり異様なムードを醸しだしていた。そんな中、“風俗専門スカウトマン”役の主演・成宮寛貴が登場すると黄色い声が会場中に響き渡り、さらに一般女性たちに「風俗嬢に興味ない?」と声をかけながらも、「あそこにかわいい子がいる」と客席に紛れていた“デブ専AV女優のアニメ声優”役の村上知子の手を引いて舞台上に上がると、ますます女性たちのボルテージも上昇!

この日、劇中の役柄の衣装で登場した二人。ロリータファッションで「かわいいー!」を連呼されていた村上は、「久々にロリータきたらテンション上がりました」と意外にもノリノリの様子。そんな村上はこの役を引き受けるまでかなり悩まれたそうで、「監督からベッドシーンがあると聞いてあわわ……となりましたが、(森三中)大島さんや黒沢さんに相談したら“あんたには何も捨てるものなんてないんだからやってみなよ!”と後押しされまして・・・」と会場の笑いを誘った。

また、村上と言えば本作がきっかけとなって今の旦那様と結ばれた──というのは有名な話だが、結婚に至るまでの経緯を幸せそうにこう話した。
「私は今まで男性とお付き合いしたことなくてそういう経験もなかったものだから、ベッドシーンを演技で初めてやるなんて何だか悔しくて、全部そういう気持ちを今の旦那に相談していたんです。それで添い寝からお願いできませんか?とお願いしまして……♥」

一方、それをほほ笑みながら聞いていた成宮は“風俗専門スカウトマン”という役柄について、「以前からプロデューサーに“今度ぜひ一緒にお仕事したい”とアピールしていたら、ある日僕にぴったりの役が見つかったと。聞いてみたらこの役で正直、微妙・・・って。でも原作を読んだらやるしかないという気になったんです」と語った。

また、本作には‘70年代ディスコ調のオリジナル楽曲が全編に散りばめられており、エンディングに流れるAIの歌声がより一層、物語を盛り上げる。そんなAIがシークレットゲストとして壇上に姿を見せると、観客たちからは驚きと喜びの悲鳴が上がり、AIが主題歌「people in the World」を歌いだすと、皆が一斉に立ち上がり身を乗り出しながら、この空間を大いに楽しんでいた。

デビュー当時からAIの友人でもある成宮は、「やっぱAIの歌声はすごい!」と大絶賛。村上も「生で聞いたの初めて!カッコいいですねー」と興奮気味に語った。本作を鑑賞したというAIも「本当にこの世にはいろいろな人がいるからねー。私たちの見えない部分もこの映画はかなりきわどく描いてくれている。途中、“このシーン大丈夫なの?”と冷や汗かいたりもしたけれど(笑)、これは最近ある中でもとてもおもしろい映画!」と本作をアピール。

そして最後に主演・成宮の「この映画は不況の中、今の自分を笑い飛ばして前向きに生きていこう!という映画です。生きている限り、前に進んでいかなくちゃいけないけれど、その勇気がでない方もいるはず。そんな方々にこの映画を届けたい、そんな想いで撮影していました。個人的には濱田マリさんとのベッドシーンが印象的でした」とコメントした。

昨今、不穏なニュースが広がる中、難しく考える社会派映画がどうしても増えてくるが、そんなときだからこそ本作のような映画をチョイスしたなら、そこから世界への見方も変わるかもしれない。

(Report:Naomi Kanno)

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=46539