松竹配給『大決戦!超ウルトラ8兄弟』の製作発表会が22日、東京国際フォーラムで行われた。
本作はウルトラマン映画最新作で、平成の4大ウルトラマンと昭和の4大ウルトラマンが夢の大共演を果たし、これまでウルトラヒーローを演じてきた隊員も集結するウルトラ映画の決定版。横浜開港150周年記念作品でもあり、横浜を舞台に物語が展開する。撮影は横浜市の協力を得て、すでに終了。中華街や元町商店街など市内観光スポットで一大ロケを敢行し、映画には中田宏市長も本人役で出演している。監督・特技監督は八木猛、脚本は長谷川圭一。9月13日よりシネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー。劇場前売は4月26日より発売される。

会見前半は、ウルトラマンティガ、ウルトラマンダイナ、ウルトラマンガイア、ウルトラマンメビウスの平成4兄弟と、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)、ウルトラマンAの昭和4兄弟、合わせて8兄弟が揃って登壇。ウルトラマンが代表して、「06年9月公開の前作『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』では、メビウスと昭和4兄弟が共演し、公開週は邦画1位の興行成績を記録した。その時以来、次回作の製作を待っていたが、昨年秋に鈴木プロデューサーから出演依頼があった。今回の主役となるティガは、96年に16年ぶりのテレビシリーズとして放映。このティガの成功が後の平成ウルトラマンシリーズにつながった」と、映画化までの経緯を説明。

後半は、それぞれの隊員を演じた俳優陣、長野博、つるの剛士、吉岡毅志、五十嵐隼士、黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二が登場。ティガ=マドカダイゴ役の長野は「ある番組で高校生100人とロケした時に、彼らは僕のことを“ダイゴ”“ティガ”と呼んだ。彼らは幼少の頃にテレビでティガを見ていたそうで、テレビから10年、映画から8年が経っているのに、当時の役名で呼んでもらえることは嬉しい。記憶に残る作品に出られたことは、僕にとっても大きな財産。普通なら8兄弟の共演はあり得ないことだが、どんなストーリーのもと、8兄弟が共演しているのか期待してほしい。懐かしくもあり、新鮮でもあるので、親子3世代で楽しんでもらえれば」とアピール。

元祖ウルトラマン=ハヤタ・シン役の黒部は「作品としてクオリティが高いと聞いている。私は来年で古希を迎えるが、ウルトラマンが42年も続いてきたことに感謝している。円谷ブランド、ウルトラマンブランドには永遠に生き続けてほしい」と熱く語った。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=46258