2008年2月16日よりTOHOシネマズ系にて全国順次ロードショー致します『菅井君と家族石 THE MOVIE』のスペシャルイベントが行われましたの。

今回映画化される「菅井君と家族石」は、FROGMANが島根でフリーターをしていた時代に個人サイトで発表していた作品。4年の時を経て、映画化が実現!「菅井君と家族石」は、FROGMANが島根在住の時、FLASHですべて一人で制作した作品です。

<FROGMANコメント>
「当時の年収は60万円。そんなときに、カミさんに子供ができちゃって、出産費用を捻出しなければならなくなった。これは不味い、どうにかしなければと思い、コンテストの賞金目当てに制作したFLASHアニメが「菅井君」でした。個人サイトで発表していたら、あっという間に話題になって、東京でのメジャーデビューのきっかけになった。」

そして、今回は蛙男商会として初の音楽タイアップも実現。某有名JAZZバンドが扮する覆面バンド「副島さんとピンカラ殺生s」(そえじまさんとぴんからせっしょうず)による音楽提供、そして映画出演をも果たします。

本日のイベントでは、集まったファンの前に、「副島さんとピンカラ殺生s」が登場!!
今回の「菅井君と家族石 THE MOVIE」のテーマソングでもある新曲『COME ON BABY』も含め、三曲を披露し、会場を熱狂させました。
そのクールな演奏に、ファンはもちろん、FROGMANも大熱狂!ライブ後、ステージに現れたFROGMANは、「かっこいい!」を連発。

<FROGMANコメント>
「菅井君は、もともと音楽にこだわって作ったコンテンツ。それだけに、自分が心から信頼できるアーティストに楽曲をお願いしたかった。副島さんとピンカラ殺生sに、思い切ってオファーをしたところ、快く引き受けてくれた。しかし、11月末に副島さんたちのライブを初めて生で見て、パフォーマンスの凄まじさに愕然とした。それまで書いていた脚本じゃ、副島さんたちの威力に映画が完全に負けてしまうと思った。その日のうちに、脚本もキービジュアルも書き直した程。」

そして、お待ちかねの映画のダイジェスト版の上映タイム。「ダイジェスト」と言うものの、実は、まだ本編は未完成。「今、3分の1くらい出来てます」(FROGMAN)とのこと。とはいえ、連発されるエッジの効きすぎたギャグと、そこかしこに溢れる映画や音楽のパロディネタに、お客様の笑いは絶えることがありませんでした。

イベントの最後には、副島さんたちメンバー全員とFROGMANが再登場。お越し頂いたお客様へ、大プレゼント大会が行われました。副島さんたちからは、ライブで使用した拡声器。FROGMANからは、島根でのフリーター時代にデザインしたクッキーの缶(!)などなど・・・

しかも、最後のビッグプレゼントは、なんと本作品の出演権!!!その場で、『菅井君と家族石 THE MOVIE』への出演が決まるという超サプライズに、お客様たちは大盛り上がり!当選者は、思いがけない銀幕デビューに、大変喜んでおられました。

まだまだ制作途中ながら、『菅井君と家族石 THE MOVIE』への期待感をますます煽るイベントとなりました。来年2/16の公開を、どうぞご期待ください!!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=46204