意識に浮かびあがる愛の記憶!新感覚、スタイリッシュホラー『エンマ』が2月24日にイブニング&レイトショー初日を迎え、長江俊和監督、塚本高史さん、近野成美さん、佐藤重幸さんが渋谷Q-AXシネマにて舞台挨拶を行なった。

塚本高志(主演)「一回観ただけじゃ分からないので、もう一回来てください!あと5回くらい来てください!したら、ようやく分かるんじゃないかと思いますので。」
近野成美「百回見てください!」
佐藤重幸「1回見ただけじゃこの映画分かりません。僕は正直出ていても分かりませんでした!」
キャストだけでなく、長江監督も実は僕も分かっていない」とコメント。これは冗談だったが、この作品の狙いと物語を紐解くヒントを教えてくれた。「怖い映画を作りたかったんですが、脅かしのスプラッターとか、幽霊が出てくるホラーはつまらなかったので、スリラーなのかホラーなのかSFなのか分からない、ジャンル分け不可能なものにしたいなというイメージがありまして、何回も見たとき、たとえば観終わって違う見え方がするんじゃないかと思って作りました。ポイントは何回か出てくる時計と写真です。」

当初レイトショーだけの公開を予定していたが、注目度の高さから急きょイブニングショーも開催することになった『エンマ』。一度で理解できるかどうか、ぜひ劇場で確かめてみては?

『エンマ』渋谷Q-AXシネマにて絶賛公開中!
配給:日本出版販売
(M.NIBE)

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=45311