新作『弓』のプロモーションのため来日中のキム・ギドク監督と、親交の深い行定勲監督の司会進行によるトークイベントが行われた。
国籍を感じさせない映像表現と作品を賞賛する行定監督のキム・ギドク作品に関する評価がコメントされる中、キム・ギドク監督は「そろそろ否定意見もお願いしますよ」とコメント。「いい劇場ですね」とか。ユーモアもあり、観客からの作品に関する質問にも1つ1つ丁寧に答え、色彩へのこだわりがありませんか?との問いには「こだわってません」と否定するも、監督自身の色彩に関する哲学を丁寧に語ってみせるなどとても興味深い内容。
詳しくは、ムービーを。(YAS)

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=43114