7月6日から24日までカナダのモントリオールで開催しているファンタアジア映画祭で、園子温監督の『奇妙なサーカス』が作品賞と主演女優賞(宮崎ますみ)が受賞した。
1996年から開催しているカナダのファンタスティック映画祭で、スタート当初から数多くの日本映画が注目されており、今年の受賞結果は、以下の通り。

・作品賞『奇妙なサーカス』園子温監督
・監督賞 Nicolas Winding Refn – 『PUSHER 3』 (デンマーク)
・脚本賞 デヴィッド・マメット『EDMOND』 (アメリカ)
・撮影賞 キム・ジヨン 『甘い人生』(韓国)
・主演男優賞 ズラッコ・ブリッチ 『PUSHER 3』 (デンマーク)
・主演女優賞 宮崎ますみ 『奇妙なサーカス』 (日本)

・ベストアジア映画賞
 Golden Prize 『妖怪大戦争』三池崇史監督
 Silver Prize 『甘い人生』キム・ジウン監督
 Bronze Prize 『シチズン・ドッグ』ウィシット・サーサナティアン監督(タイ)

ほか

詳細は、下記をご覧ください。
http://www.twitchfilm.net/archives/006951.html

□公式サイト(英語)
http://www.fantasiafestival.com/

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=42083