27日池袋シネマサンシャインにて新感覚ホラー『水霊 MIZUCHI』の初日舞台挨拶が行われた。

「こんなホラーは初めて!監督と仕事ができてよかった。」と出演キャストが口をそろえる山本清史監督は、テレビドラマ「心霊探偵 八雲」なども手がけたホラー界きっての新進気鋭の監督だ。今作の“水”というコンセプトについて『人間の70%は水でできていて、私たちにとってはなくてはならない存在である水を扱ったいやらしさを感じてほしい。』と話す。

水霊の謎を追う戸隠響子役の井川遥さんはホラーが苦手で、撮影現場でみんなが何か感じる場所には絶対近づかなかったという。「撮影の時、怪奇現象が起こるということはありませんでした。脚本にはない、怖いシーンが増えたりした時はホラー好きのスタッフにこわがり方のアドバイスを受けたりしました。バリエーションを増やすことが大変でしたが、勉強になりました。いっぱい叫びましたね。」と撮影中の役作りについても語ってくれた。

そして、戸隠響子の元夫:岡祐一役の渡部篤郎さんは「撮影のことをあんまり覚えてません(笑)。なにせ、去年の夏とったものですから。けど一週間くらい、同じ場所で撮影に臨んでいたことを思い出しますね。でもこんなに若い監督と、新しい映画に挑戦することができて、さらにお客さんに観ていただけることを光栄思います。」と話す。

水霊の魔の手に怯える高校生渚由美役の星井七瀬さんは「スモークが苦しかったことを覚えています。そのシーンがあえていえば見所です。精神的に追い詰められていく映画なので、本当に怖がっていただけると思います。」と映画の見所について話した。
今作品が初映画出演になる野田美里役の山崎真実さんは「最初から最後まで怖い作品なので、どうぞ最後まで目をつぶらないで観てください!」意気揚々と語った。

観客と同じ視線で映画に登場する志度浩太郎役の松尾政寿さんは「台本を読んでいると、自分が追う響子の心情を先に理解できてしまうことが、すごく役作りの大変でした。水が人を変えていく恐ろしさに浸ってください。」と話す。目黒彩役の矢沢心さんは「自分は眼鏡をかけている役なんですけど、一度し忘れて出てしまったんですね。それが映画の中でキーになっています(笑)。」と意外なエピソードも話してくれた。
これまた、映画初出演の矢沢弘美役の鈴木美生さんは緊張しながらも「布に水をたらしたようなじわじわ広がっていく恐怖を楽しんでください。」と話す。

最後に「日頃から私の身の回りにあるお水を媒介にした新しい恐怖をぜひ楽しんでください。」と井川遥さんが観客にメッセージを送った。

(ハヤシ カナコ)

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=44395