全人類が待ち望んだ、映画を超えた史上空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。全米興行収入ランキング歴代No.1を記録し歴史に名を刻み、日本でも社会現象級の大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描いた最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が12月15日(金)より公開となる。この度、広島東洋カープVSヤクルトスワローズ戦が行われるマツダスタジアムにて、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開を記念した始球式が開催。さらにカープ坊やがライトセーバーを構えたビジュアルも公開!このビジュアルを使ったスペシャルステッカーは当日の来場者全員に配布。首位独走中のチーム成績に更なる”フォース”力が宿るのか?も注目だ。

昨年、全セ界に衝撃を与えたリーグ優勝から1年、現在もセ・リーグ首位独走中の広島東洋カープの本拠地、マツダスタジアムに、ダース・ベイダーを受け継ぐ存在カイロ・レンがストームトルーパーを従えて登場すると真っ赤なカープカラーに染まった客席から「スター・ウォーズだ!」と声があがる。マツダスタジアムがダークサイドに支配される中、ダークサイドに対抗するレジスタンスとして、日本語吹替版でレイの声優を務める永宝千晶(ながとみちあき)さんが、レイを思わせる白の衣装で登場。マウンドに立った永宝さんが、ボールを持った右手を天たかく掲げる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のポスターを思わせるポーズを見せると、カイロ・レンとストームトルーパーが阻止するかのように“フォース”の力で応戦。永宝さんのダイナミックなフォームから放たれたボールは、見事ノーバウンドで広島東洋カープ礒村嘉孝捕手のミットのなかにおさまり、スタジオアムは大きな歓声に包まれた。

始球式終了後、永宝さんは「球場全体が真っ赤に染まってて、観客のみなさんの声援が温かくて、“最高!”」と興奮気味に語り、自身のピッチングを「100点満点で120点」と評し、「フォースの力はもちろんですが、なにより観客のみなさんのパワーのおかげ」と振り返った。

2015年に全米興行収入ランキング歴代No.1、日本でも興行収入116億円の大ヒットを記録した「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。
この歴史に名を刻む作品の、その後を描いたシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。そのストーリーはいまだベールに包まれたままだが、出演者がその内容を「予想もしなかった物語」「驚きに満ちた展開」と語るように、シリーズ最大の<衝撃作>と期待がかかる。
伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーとめぐり逢ったレイが知る、驚くべき真実とは?なぜカイロ・レンはダース・ベイダーを受け継ごうとするのか?ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちの新たなるミッションとは?知られざる秘密が明かされるとき、さらなる謎が生まれる!
2017年、さらなる熱狂と共に幕を開けた40周年のアニバーサリー・イヤーとなる12月15日(金)、誰も見たことがない衝撃の『スター・ウォーズ』がついにヴェールを脱ぐ!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=55141