昨年末、本国フランスで公開されるやいなや、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、『モアナと伝説の海』などと並び4週連続TOP10入り!抱腹絶倒のスマッシュヒットを記録した『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~』が、7月22日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町他での日本全国順次ドライブ開始が大決定!
待ちに待った夏休み、自慢の新車で念願のバカンスに出発したものの、まさかのブレーキ故障で車が止まらず大暴走するコックス一家のハプニングとスリルに満ちた爆笑ドライヴ!『アーティスト』のアカデミー賞受賞スタッフが贈る、まさかのハートフル密室コメディ!主演に仏トップスター ジョゼ・ガルシアを、助演にアンドレ・デュソリエを擁し、笑い・暴走・アクション・スリル・家族の絆など、ありとあらゆる要素をぶち込み、真夏のバカンスボケした皆様にピッタリの映画が日本に上陸いたします!

 そしてこの度、ラジオ番組「アルコ&ピース D.C.GARAGE」がほぼ毎週Twitterのトレンド入りを果たし、バラエティでも活躍の場を広げ、業界内注目度急上昇の芸人アルコ&ピースをお呼びしてイベントの実施をいたしました!!アルコ&ピースにとって初の映画イベント登壇です。
本作は一男一女のコックス家がバカンスの道中に新車が故障し、大暴走することから始まるフランス産ハートフル密室コメディ。ボケ担当の平子祐希は、劇中の一家と同じく一男一女の父で愛妻家。さらに仮免を取得したばかりで路上教習中と共通点だらけ!イベントでは、「フランスの道路標識の意味」などもはや解答不可能な激ムズ免許学科試験が平子に出題されるも不正解を連発!アクリルケースを被って密室状態となった相方・酒井健太に納豆やフランス製劇クサチーズ、くさやが投げ入れられるという過酷な罰ゲームを受けることとなりました。しかし、思いのほかにおいが弱く、リアクションを試されるという芸人殺しな展開で酒井を苦しめます。また、作中にて車の大暴走とともに一家の秘密が大暴露されることにひっかけ、「過去の絶体絶命エピソード」「これまで言えなかった相方の秘密」などなど驚きの暴露が飛び出し、異例の映画イベントとなりました!

【イベントの内容詳細】
 MCの呼び込みと共にイラストレーター・安斎肇さんに映画をイメージして描いて頂いたTシャツを着て、登場。初の映画イベントということで意気込みを聞かれると、平子から「カズレーザーとの時間が合わず、ぼくらがブッキングされたんだろうね。あいつ死ぬほどこういうイベントやってるからね。」とまず、後輩への恨み節がさく裂!!
 また、「こういうイベントで一個憧れがあって、降壇するときにマスコミの人にゴシップネタを聞かれるけど、BGMの音楽が上がって、MCに促されて場からハケるっていうのをやってみたいんですよね!」とコメント、すると酒井が「今度、無理やりネタ仕込みますか。」と初映画イベントへの憧れ・意気込みを語った。
すでに本作を観ているという二人にMCから感想が聞かれると、平子から「映画として本当に面白かったです!フランス映画なので、フランス製の車ってどうなんだろうと思って、調べたんですよ。今まさに教習所に通っていることもあり、フランス車のプジョーがこの映画キッカケで気になってますね!」映画のコメントと共にさり気なく高給取りっぷりを披露すると、すかさず酒井から「平子さん稼いでますね!いくらもらってるんですか!?」と突っ込みが入り、慌てて「いやいやいや!今度お安いプジョーの車が出るんですよ…」と言い訳。意気のあった掛け合いを見せつつ、酒井からも映画について「フランス版ドリフって感じで何も考えずに楽しめました!」と映画への共感、感動などを語った。

ボケ担当の平子は現在教習所に通っており、「教習車で路上に出たりしてるんですけど、よくタクシーの運転手さんなんかは道をゆずってくれるんですよね。特に優しくしてくれるタクシー会社をこれから優遇しようかなと思ってます(笑)ああいう場面で人間性が出るんだなと感じましたね~。」と路上教習での心温まるエピソードを披露。また、酒井も「僕も免許持ってないんですけど、これ見て、免許ほしくなりましたね。もちろん、映画みたいなトラブルは嫌ですけどね!」と映画の展開に絡めてコメント!

劇中の一家と同じ、一男一女の家族構成でもある平子は愛妻家としても知られ、「寂しいです!今朝の9時以降、嫁と会ってないんで会いたいですね~。」と病的な愛妻家っぷりを披露。また、免許取得後の妄想バカンスプランは「前々から決めてます。IKEA立川店です。(車がないと)大きな家具を家族で買って帰るというのが出来ないんですよ。ずっと羨ましくて。それに近くの昭和記念公園に寄ったりしたいですね~。」と発表。

本作はバカンスに出かけた家族が絶対絶命の状況に追い込まれるというコメディ映画だが、アルコ&ピースの二人は、芸人ならではの絶体絶命な体験はあるかと聞かれると、平子は「夜の大暴走はダメですよね?」とド下ネタに走ろうとしたが、「ピンチっていうと青山の書店で店内に鳴り響くオナラをしちゃったんですよね~。すかしっ屁をしようとしたら、誤爆しちゃって。なんとか誤魔化そうと床をスニーカーで擦ったら、ちょうど音量も音程もオナラと同じ音が鳴ったんですよ!これで大丈夫だろうと思ったんですけど、ただ2回オナラをしたやつになっちゃって、帰り際、じろじろ見られましたね。」と可愛らしいエピソードを披露。
また酒井は「仕事ないときは、常にピンチでしたね~。お台場にネタ見せ会場があるんですけど、新宿からお台場まで歩いた事もありました。電車はお金かかるうえに遠いんですよ。同期たちと組合つくって、暴動起こそうかと思いましたよ、本当。」と若手時代の強烈なエピソードを披露。

 また、コンビということでアルコ&ピースの二人はお互いの秘密や裏の顔はあるかと聞かれると、
平子「ネタは僕が書いてるんですけど、酒井はガールズバーの姉ちゃんに「俺がネタを書いてる」って嘘ついてます。」と明し、「そうです!笹塚のお店で嘘つきまくってます。ネタ書いてる人ってカッコいいじゃないですか!!その子とは映画観にいったりもしましたね!」と酒井。平子は「今作なんて、ピッタリですよ!面白がれない世代がいない映画なので!家族でも、友達とでも、ひとりでも、ガールズバーの姉ちゃんとも是非!」とエピソードトークから映画を宣伝した。
 平子の裏の顔については酒井は「ビジネス的なオシドリ夫婦かと思われてるんですけど、ガチでラブラブなんですよ。目の前でおっぱじめるんじゃないかって瞬間はたくさんありますからね。」とまたも病的な愛妻家っぷりが明らかに。すると平子が「相方を家に呼んでも、妻と「早く帰ってほしいね」といつも言っていて、相方がトイレに行ってるうちに出来なかった分のキスをします。」と自分の嫁の裏の顔も披露!すかさず酒井が「それもプレイの一環だと思ってるんですよ。」と突っ込みを入れる一幕も。

ここからは、平子の免許取得を応援するため、免許学科試験がクイズ形式で行われた。不正解だとアクリルボックスを被り、車中に閉じ込められた劇中の一家と同じく密室状態となった相方・酒井にくさ~い罰ゲームが課せられるというルールのもと、問題が出題された。
平子「密室つながりですね。酒井さん、リアクション出来ないんですよ~。大丈夫かな」とコメント。
酒井「間違えなければ良いんです!大丈夫ですよ!」と平子に声援を送った。

【第一問】
<夜は周囲の様子に気を付けて運転しなければならない>
平子が「これはマルでしょ。」と余裕の表情で回答するも、答えは、バツ!
正解は“昼夜を問わず”、気を付けなければならない。
ということで不正解と告げられると、平子が「出た!学科試験の嫌なところ!世の中で一番意地悪ですよね!」と以前から苦しめられていた意地悪学科試験に苦言を呈した。
罰ゲームとして投入されるのは納豆。食べ慣れた納豆だけに酒井も困惑しつつ「俺、納豆好きだよ?これ逆にキツいよ~。」と芸人殺しなペナルティーに、無理矢理くさそうな絶叫の表情を浮かべる。

【第二問】
<中央分離帯のない高速自動車国道の本線車道での、普通自動車の最高速度をお答えください>
自信満々で80キロと平子が回答するも、不正解!正解は時速100㎞/h!
またも罰ゲームを受けることになった酒井。次こそは強烈な罰が来るかと思いきや、バラエティなどでもお馴染み・ノニジュースという強烈な酸味のある“ジュース”が投入される。まだまだ余裕の罰に酒井は、「飲まなくて大丈夫!?全然大丈夫なんだけど。てか、顔の前にこんな並べられて、お供え物みたいになってません!?」とコメント。

【第三問】
ここからは、フランスの学科試験の内容を出すとMCに言われると、
平子「え!?フランスの学科試験!?と困惑しつつも、第三問!
<フランスの中央分離帯のない高速自動車国道の本線車道で普通自動車の最高速度をお答えください>
劇中では時速160kmで暴走をするが、それはなんのヒントにもならず、平子は「フランスも日本と変わらないんじゃないですか?100キロ!」と威勢よく回答!しかし、不正解!正解は130㎞/h!
続いても不正解となった平子のせいで酒井のボックスの中にタイの醤油ナンプラーが投入される。まだまだ余裕の酒井の目の前にくさい食品が並べられ、たまらず平子が「なんか仏壇みたいなってません!?」とコメント。しかし、段々と臭いが強くなってきたようで、酒井が「においが混ざって段々嫌な臭いになってきた!」と喜々とした表情を浮かべ始める。

続いて【第四問】
<フランスの標識問題です。この標識の意味は何でしょう?>
まるでブラジャーを逆さまに地面に置いたような標識を見て、平子が「意外とBカップぐらいが丁度いい。みたいな感じじゃないですか?」と冷静に軽めの下ネタを投入!するとMCから「お~、ちなみに奥様は何カップですか?」と聞かれ、思わず、平子が「地獄のようなAカップですね。いや、これ関係あります?フランスの標識ってことでやっぱりお国柄みたいなのもありますし、やっぱり外でブラジャー脱いで、チョメチョメ駄目みたいなことじゃないですか!」と下ネタに引っ張られつつ回答するも不正解!
正解は悪路注意。
次に酒井のボックスに投入されるのはフランスでは「王様のチーズ」と呼ばれ、別名「神様の足の裏の匂い」とも呼ばれるチーズエポワース!「これは本当にきっつい!!」と遂に酒井から、今日一番の本当の苦悶の表情が!!しかし、どうしても見た目が見た目だけに平子が「地方の仏壇みたいになってきてますね。」とコメント。一方、酒井は「きたきた!これこれ!ラグビー部の部室みたいになってます!うわ、臭い!次はもう当ててよ、平子さん」と遂に到来した悪臭を前に平子へエールを送る。

【第五問】
<数センチ間隔でビッシリと駐車する“パリ式縦列駐車”。これはどうやって停めているでしょう?>
車の前後がぴったりとくっついた縦列駐車の写真を見せられた平子。「この前、縦列駐車やったばっかりなんですよ。ポール見ながら必死だったけど、この写真みたいなのは絶対に無理!」と悩みつつ、「え~っと、ジャッキー・チェンみたいな勢いで横滑り駐車!」と回答するも不正解!
正解はバンパーで前後の車を押しのける。
最後まで不正解を連発し、いよいよ最後の品、“くさや”がボックス内に投入される。
酒井「これはお馴染みだけど、ヤバい!!これまでのにおいが全部くさやになった!!」と芸人らしいリアクションが取れて、苦悶の表情を浮かべながらも、ご満悦の様子。

 すべての品が出揃ったところで酒井が「いや~色々出てきましたけど、このラインナップはリアクション一番難しいやつですよ。」と苦笑いでコメント。
また平子が念願の映画イベントということもあってか、「MCさんもやってみてくださいよ。イベントこなれてる人ってMC巻き込むじゃないですか。憧れてたんですよ。」と無茶振りをすると、女性MCがボックス内へ。何とも言えない声を発するという酒井を上回るリアクションに大爆笑しつつ、「俺らよりリアクション上手いじゃないですか!!」と悔しさを滲ませる。
 相方の失態により、散々な目に遭った酒井。お口直しということで、フランスの銘菓・マカロンが手渡されるが、不穏な空気に感づいた平子。「MCの方もどうぞ。何色がいいですか??やっぱりレディーファーストですからね。最後はみんなで食べましょう。」とまたもやMCを巻き込む。MCがマカロンを一口食べると、中にはマスタードが!!「フォーーー!!!」とこれもまた絵に描いたようなナイスリアクションに見せる。するとアルコ&ピースの二人が声を揃えて「リアクション馬鹿上手いじゃん!!」と爆笑するも、最後の最後までマスタード入りマカロンを食べないという大暴走なイベントとなった。

車のドア型パネルを持ってのフォトセッションも終わり、最後に、これから映画を観る観客に向けてメッセージということで、
平子が「コメディであり、アクションであり、大人の恋愛もあり、サスペンス風なところもあったりと年代問わず、楽しめる映画になっております!是非とも劇場で!」とコメントし、イベント終了となったのだが、どうしてもマスコミにゴシップネタを聞かれる流れをやりたかったようで、なかなか壇上から降りない二人。するとなかなか動かない平子と酒井にマスコミから声がかかる。遂にゴシップネタの質問か?と期待したが、もう一度ポスターと共に撮影させてほしいと肩すかし。それも終えてゆっくりと降壇すると、会場の扉前で勝手に「夫婦間のことですから、どうか温かく見守っていてください!」とそれっぽい一言放ち、イベントを締めくくった。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=57454