(c)Kazuko Wakayama

主演:木村拓哉×監督:三池崇史の最強タッグで贈る映画『無限の住人』(公開中)。豪華実力派キャストが集結し、実写化不可能と言われた伝説的人気コミックを完全映画化! 木村拓哉の新境地とも言える主人公・万次のキャラクター像、すべてのキャストが全編ノースタントで挑んだ圧巻のノンストップアクション、そして命を懸けて凜を守り抜く万次の姿が観る者の胸を打つドラマが、今口コミで多くの評価を得ています。アメリカ、オーストラリア、ドイツ3か国での海外配給も決定! 世界へ向けて放つ、“ぶった斬り”アクションエンターテイメントとして話題沸騰中です!

原作「無限の住人」(沙村広明著)は、1993年から2012年に「月刊アフタヌーン」(講談社刊)で連載され、その圧倒的な画力と斬新な殺陣描写により話題を呼び、累計発行部数750万部突破を誇るカリスマコミック。1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、2000年に英語版が “漫画のアカデミー賞”とも言われるアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞し、現在までに世界22の国と地域で刊行され、いまなお人気を博しています。

そして現地時間5月18日(木)、カンヌ国際映画祭公式上映の会場前に敷き詰められたレッドカーペットに、木村拓哉・杉咲花・三池崇史監督が登場。木村はタキシード、杉咲は華やかな着物を身にまとい、一目見ようと集まった多くの人々で会場は大賑わい。杉咲の手を取りエスコートする姿は、まるで劇中の万次と凜さながら。世界中から集まった報道陣からフラッシュの嵐が起こりました!!

本作『無限の住人』が選出されたアウト オブ コンペティション部門は、本作を含め世界中の作品から選ばれた、たったの4本が上映されるもの。過去には、スティーブン・スピルバーグ監督作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』、ジョージ・ミラー監督作『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などが選出されており、日本映画がこの部門に選出されること自体大変珍しく名誉なこと。今回、カンヌ国際映画祭会場で一番大きな会場「グラン テアトル リュミエール」(2300席)で上映されます。現地カンヌではさらなる上映国の拡大に向け、世界40カ国以上の国と地域での本格的なセールスも開始致します。

出席:木村拓哉(万次)、杉咲花(凜)、三池崇史(監督)
会場:パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ(Palais des Festivals et des Congrè)
会場内上映劇場:グラン テアトル リュミエール(Grand Theatre Lumiere)

映画『無限の住人』で主人公の不死身の男・万次を演じた木村拓哉は、黒のトムフォード(TOMFORD)のタキシードを身にまとい、万次に用心棒を頼む少女・凜を演じた杉咲は役柄を彷彿とさせる鮮やかな赤の着物姿で、三池監督と共にレッドカーペットに現れた。劇中での役柄さながらに、木村が杉咲の手を取りレッドカーペットに登場。各国から集まった報道陣からは、3人の姿をカメラに収めようと「MIIKE!!」「TAKUYA!!」「SAKI!!」という声が飛び交い、無数の眩いフラッシュを浴びた。
レッドカーペット後、現地時間18日(金)深夜には、Palais des Festivals et des Congrès(パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ)にて、本作の公式上映に臨む。本作の公式上映及び、コンペティション作品の上映は一番大きな会場グラン テアトル リュミエールにて実施。2300席の会場がすでに超満員との情報。各国から集まった観客の目に本作がどのように映るのか、今から期待が高まる。

■レッドカーペット前のコメント
木村拓哉「今日の衣装は、ホテルのフロントマンを意識してきました(笑)三池監督と同じように、本当に貴重な一瞬なので余すところなく楽しみたいです。真剣に映画作りをした人が与えられるご褒美だと思うので、そこを監督と花ちゃんと歩けるというのはとても嬉しいです。今日は3人しか歩けませんが、現場の皆さん共演者スタッフのことを思いつつ、僕の気持ちの中では皆さんと一緒に歩いているつもりで歩きたいと思います。」
杉咲花「凜と同じ赤いお着物を着させていただきました。お二人と一緒に歩かせていただくことを本当に幸せに感じています。貴重な経験だと思うので楽しみたいと思います。」
三池崇史「僕は七五三を意識してきました(笑)レッドカーペットは本当に楽しいので、今日のこの瞬間を楽しみたいです。映画作りの最高の場だと思うので、最高の瞬間、ライブを楽しんで味わいたいです。」

■レッドカーペット上でのコメント
三池監督「チャンバラ映画が作りにくい時代で、今回は挑戦でした。日本独特の時代劇、それぞれのキャラクターに普遍的な要素を盛り込んだ映画です。毎回今回が最後のつもりで全力で挑んでいます。進化することが目的ではありませんが、まわりのスタッフたちがどんどん力強くなってくる。大きくなってくるのです。『無限の住人』は自分にとって宝物。このような機会をもらえて光栄に思っています。」
杉咲花「今まで自分が見てきた監督の作品に参加できて、たくさんの現場を経験させていただきました。自分の命の危険を感じるくらいの迫力でした。このような経験をさせていただけて一生の幸せです。」
木村拓哉「いま最高に嬉しいです。三池監督とは、なんで今回が初めてなんだろうと思うくらい、もっとご一緒してみたい監督だと思えました。もっと映画を作りたいと思います。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54375