全米公開時にアカデミー賞をはじめ高い評価を受けた戦場ドキュメンタリー映画『レストレポ前哨基地』を、渋谷アップリンク他にて11月28日(土)より公開いたします。

その先行プレミア上映イベントを、漫画家の小林よりのりさんらをゲストに迎え、去る11月25日(水)に渋谷ユーロライブにて開催いたしました。

—————————————————————————

【概要】

●日時:2015年11月25日(水)
●場所:渋谷ユーロライブ
●ゲストトークゲスト
◇小林よしのり:漫画家(『ゴーマニズム宣言SPECIAL「戦争論」「新戦争論」』)
◇加藤朗:自衛隊を活かす会・桜美林大学教授『13歳からのテロ問題』〉
◇佐野伸寿:現役自衛官・映画監督(『ウイグルから来た少年』)

—————————————————————————

全米公開時に、その圧倒的にリアルな描写で、アカデミー賞をはじめ25もの賞に選ばれた戦場ドキュメンタリーの傑作が、11/28(土)から渋谷アップリンク他でついに本邦初劇場公開される。

本作は、地上で最も危険といわれたアフガニスタンの戦線へ2007年に派兵された米軍小隊に密着し、“治安維持”という名の「対テロ戦争」の現実を捉えたドキュメンタリー映画。

公開に先駆け、去る25日に先行プレミア上映会が渋谷ユーロライブで開催された。上映後、社会問題に斬り込み、数々の論争を巻き起こしている漫画家の小林よしのり氏と、元防衛研究所所員で多くの紛争地に自ら赴いている「自衛隊を活かす会」呼びかけ人の加藤朗氏、映画監督でありながら現役自衛隊員としてイラク復興人道支援活動の経験のある佐野伸寿氏の3名がゲストに登場し、今作で描かれる戦場の現実と、日本の安全保障について語った。(司会はアップリンク代表・浅井隆)

かねてから安保法制は「アメリカの戦争に付いていくためだけ」のもので、「日本はアメリカの侵略戦争に巻き込まれてはならない」と主張する小林よしのり氏は、「911後、アメリカが“テロとの戦い”の名の下に、アフガン・イラク戦争に突き進んで行った当時から、わしはアメリカを批判してきたが、この映画はアメリカの失敗を実証していて非常に興味深かった。タリバンも村人も一体になってしまっていて、タリバンを選別してやっつけるのは無理があることが、この映画を観ればよくわかる」と語った。

また、元・防衛省防衛研究所職員で現在は桜美林大学の国際学研究所所長である加藤朗氏は、長年、中東のゲリラの問題を研究し、数多の紛争地域を訪れた経験から、「この映画を観て、アメリカはベトナムの時から進歩がない、同じ失敗をまたやっていると思った。アメリカは技術信仰があり、兵器で敵を排除できると考えている。だが、ベトコンにしてもタリバンにしても、戦略ではアメリカに勝つ。結局、この映画の舞台であるコレンガル渓谷から、アメリカは撤退せざるを得なかった」と語った。

二人の意見を受け、映画監督/プロデューサーであり現役自衛官でもある佐野信寿氏は、「戦場をありのままに描いた質の高いドキュメンタリーだと思う。私がプロデュースしたカザフスタン映画には、旧ソ連軍でアフガニスタンを経験した人がほとんどの作品に登場するし、アフガンはソ連に色々な影を落とした。この映画を観ていても感じたが、(第一大戦前のイギリス帝国と同様)ソ連はアフガニスタンに攻め込んで崩壊し、2001年の911でアメリカが侵攻してから大国ロシアに戻っていったように、アフガンに介入する国は没落していく」と語った。

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=54396