映画づくり30年!
映画LOVEの竹中直人が満を持して作り上げたのは笑激のホラー・コメディ!

山形の過疎村に歴史研究合宿に向かった女子高生たちとその村で古くから語られている伝説から蘇った落ち武者たちとの壮絶なるバトルを描きます。主演の女子高生・岡垣内美香代(オカガイトミカヨ)役に成海璃子が、女子高生たちを恐怖に陥れる落ち武者の武将・葛貫忠経(ツヅラヌキタダツネ)役は沢村一樹が担当します。
製作の段階から海外の公開を視野に入れており、今回、企画・協力・衣装を手がけるMASATOMOが参加している関係で、彼が毎年発表してるパリコレに、今年は『山形スクリーム』の衣装で参加・発表することになりました。
パリコレには、1月24日13:30(日本時間1月25日21:30)に、MASATOMOブランドのコレクションの中で、成海璃子(16歳)、沢村一樹(41歳)、竹中直人(52歳)がモデルとして登場。この3名は、全員パリコレ初経験となりました!!

会場はパリ市内のホテル・ル・ムーリス。ヴォーグ、フィガロ、パリス・モードなどトップファッションジャーナリストなど、300名で満員となった熱気溢れる舞台にまず始めにセーラー服姿の成海、続いて甲冑姿の沢村、そして全身豹柄ジャケット姿の竹中が登場。3名のユニークな姿にファッション感度の高い記者たちより拍手喝さいが起こりました。(これはかなり稀だそうで、通常モデルが登場しても拍手は起こらない)

舞台が終わった後の3名のコメントは以下の通り。

竹中直人監督(52)
フリーズしました。とにかく緊張の一言。フランスで公開されることがあるなら、色とりどりの甲冑姿の落ち武者とKAWAIIセーラー服姿の女子高生のバトルを楽しんでもらえると思う。でも、フランス語字幕で観ることになるからちゃんと理解してもらえるかなー?

成海璃子(16)
緊張しすぎてヤバイと思いながら歩いていました。(竹中監督にいつも猫背なのに、舞台ではピンとした立ち姿で堂々とした風格だったと褒められて、照れる)フランスの人たちに、これをキッカケに映画に興味を持ってもらえるといいなと思います。映画もどういう風に受け入れてもらえるか分からないけど、楽しんで欲しいなと思います。

沢村一樹(41)
モデルの経験もあるので、緊張しないでできるかと思ったが、やっぱりダメでした。でも、楽しむことはできました!(拍手を受けたことについて)甲冑なんて生で見たことないだろうから、フランスの人たちにかなり興味をもってもらえたのではないでしょうか。気持ちよかったです!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=45429