史上初のユニーク・コンテンツ満載!
オフィシャルサイトで憩いまくれる部活動本格スタート
“全然大丈部”、ついに発足!!
部長に荒川良々を迎え、全然大丈部決起集会試写会を実施!!

荒川良々初主演作『全然大丈夫』のオフィシャルサイトにて、特別企画コンテンツ”全然大丈部”を発足!!”全然大丈部”では、「世の中の憩いまくりたい人たちにエールを送る」そんな活動を展開していきます。
本日、活動開始を記念して荒川良々部長による「全然大丈部」決起集会試写会を行いました!
最近のドラマ”働きマン”(日本テレビ系)や、『カロリーメート』のCMへの活躍で注目度があがっているだけに、場内は、20代〜30代にかけての若い女性がいっぱいで、約750席の会場が満席状態に!

良々部長の登場時には、750名の女性より歓声がわきつつも、場内は映画の雰囲気同様<ユル〜い>和やかな空気に包まれました。

今回就任についてのご挨拶では、「(映画を)見ておもしろかったら、見てない友達に面白かったと言ってください!!」としっかり宣伝。
部員を増やすべく活動趣旨の説明や活動への意気込みを下記のように語りました。

「パソコンに一度触ったことのある人なら誰でも入部できます!(今回の映画は、自分が初主演という意識はなく)木村佳乃さんと岡田義徳さんと3人が主役のような映画です。元々藤田容介監督の大ファンでしたし、自分の意見を言うなどではなく、”素材”が生かされている作品になったと思います。最近、原作モノが多い中オリジナル脚本で作っています。個人個人映画を見て、いろんなことを思ってもらえればと思いますが、終わったあと、あたたかい気持ちになる作品だと思います。」

★全然大丈部 部活説明★

部員になると、荒川良々フィギュア・デザインのスペシャル・ブログパーツをもらうことができます。このブログパーツを設置すると、ブログに<大丈夫>と書きこめば自動的に<全然大丈夫>に変換されたり、ブログを持っていない人もブログパーツから応援メッセージを送れたり、楽しい部活動を行えます。また、各部員の部活状況が「憩いレーダー」で一覧できたり、ブログを貼った部員同士にリンクが張られたり、サイトを通して交流も図れます。その他のユニーク・コンテンツとして、映画のキャスト・スタッフ・応援団によるメッセージ「全然大丈部OBの憩イスト宣言」、全然大丈部オフィシャルグッズの「部活ルートート」、などなどこれからも続々と登場!
体育会系?文化系?いえいえ”全然大丈部”は憩い系の部活。
まずは、入部して一緒に憩いまくりましょう!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
全然大丈部URL   http://zenzenok.jp/club/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★全然大丈部の活動★

①まずは全然大丈部に入部!
全然大丈部サイトで入部届をすれば、今日からあなたも全然大丈部員。
荒川良々フィギュア・デザインのブログパーツがもらえる!
②自分のブログにブログパーツを貼り付ける!
ブログパーツを貼り付けると、全然大丈部の部員名簿ページに登録され、あなたのサイトへのリンクが張られます。またブログパーツをクリックすることで、ランダムに他部員のページに訪れることができます。
③書くことが憩い!ブログで<大丈夫>という言葉を使ってみよう!
自分のブログでいつもよりちょっとだけ意識して<大丈夫>という言葉を使ってみると、勝手によりポジティブな<全然大丈夫>に変換され、ブロガーを励ましてくれます。さらに<全然大丈夫>という言葉を使うと、大きな手がブログ上に現れて<全然大丈夫>印まで押してくれます。
④憩いまくりたい人たちへのエール”全然大丈夫メッセージ”を送ろう!
ブログを持っている人もいない人も、他部員のブログに設置されたブログパーツから、”全然大丈夫メッセージ”を送れます。部員のメッセージは全然大丈部に集められ、【部活の記録】として公開されます。
?名誉部員に選ばれると、素敵なプレゼントを贈呈!
一番多くメッセージが発信されたブログパーツを貼っているブロガーには、”ハンコアーティストうちやまういこ”さん作の【全然(大)大丈夫ハンコ】を荒川良々部長から贈呈。さらに部員の中から抽選でサクラクレパス&映画鑑賞券を5名様にプレゼント。

ほかにも全然大丈部の部活動は盛りだくさん。
トートバックブランド”ルートート”と『全然大丈夫』のコラボバックとして150個限定の【部活ルートート】を作成。発売日などの詳細は近日発表いたします。また、12/20(木)@ニッショーホールでの『全然大丈夫』試写会では、荒川良々部長の舞台挨拶つき部活決起集会を開催!!

誰でも自由に入部できる”全然大丈部”
見知らぬたくさんの<憩イスト>を応援します!!

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=45165