発行部数300万部を誇る週刊少年ジャンプの中でダントツ人気№1で、今年で連載10周年を迎えるワンピースの映画シリーズ最新作『ワンピース エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』の初日舞台挨拶が3月3日丸の内TOEIにて行われた。
待望の8作目は、数ある名エピソードの中でも原作ファンの圧倒的な支持を得る感動巨編、“アラバスタ編”!ファンで知らない人はいない、ルフィたちとアラバスタ王国の王女ビビとの熱き冒険と友情の物語—。

オープニングはちびっ子チアガールによるダンスで始まり、ダンス後スモーク発射とともに、田中真弓さん、中井和哉さん、岡村明美さん、山口勝平さん、平田広明さん、渡辺美佐さん、矢尾一樹さんの声優陣が登場!!
続いて、ワンピース応援団の矢口真里さん、南海キャンディーズ、川嶋あいさんも登場した。

矢口「私はワンピースの大ファンなので今日ここに参加できたことを本当に嬉しく思っています。皆さんの力と私たちの力でワンピースをどんどん盛り上げていきましょう!」

山ちゃん「矢口さんが言ったことと全く同じことを思ってました。(笑)最近某アカデミー賞での失態など辛いことがあったんですが、今日があったので乗り切れました!!」(会場爆笑)

しずちゃん「応援団とかなったことなくて、学生時代とかチアガールに憧れてて・・・」
とまとまらないことを言っていると矢尾さんがすかさず「何が言いたいんだ!」とつっこみ、そんな矢尾さんに対してしずちゃんは「あのおっちゃん、うるさい。」と言って再び会場から笑いがおこった。

川嶋「ワンピースの世界と重なり合うように、“コンパス”と言う曲も勇気と絆をテーマに書きました。ワンピースは本当に大好きなストーリーなので、今回主題歌を担当させていただいて幸せでした。」

ゾロの大ファンという矢口さんは中井さんに言ってもらいたいセリフがあり、自分の名前に変えて言って欲しいとリクエストした。
中井さんが「真里、俺はもう絶対に負けないから!」と言うと、「大満足です!」と矢口さんは喜んだ。
山ちゃんは大興奮し「声優の方たちに会えたことがずっと嬉しくて・・・」と変な日本語を使い会場を笑わせた。
サンジの大ファンというしずちゃんは「何も言わず抱きしめて欲しい。」と言ったが山ちゃんに「声優さんなのにそれじゃ意味がない!」とつっこまれ、「じゃあ・・・しずちゃん愛してるよって言ってください。」とリクエスト。平田さんはサンジになりきって「しずちゃん、くそ愛してるよ。」と言うと会場からキャーと歓声がおこった。
川嶋さんはビビの召使い役で出演して、田中さんから色々アドバイスをしてもらったと言う。

そしてここで麦わらの一味が登場し、3月3日のひな祭りにちなんでひな壇に見立ててフォトセッションが行われた。
乗りのいい声優陣、南海キャンディーズのボケありで、始終笑いの耐えない舞台挨拶はこれで終了した。

映画ならではの壮大なスケールで、ルフィたちの命を懸けた凄絶バトルや感動のラストシーンに引き込まれること間違いなし!

(koya)

関連作品

http://data.cinematopics.com/?p=45273